-3

今ミザエルはボリビア?を通過中だそうです。さっぱり想像つかないけれど。

1年かけて徒歩での南米横断の旅をしてる彼は、今のところ順調に下っているようで。でもやっぱり相当過酷らしく、20キロ以上体重も減っているそうで。ムキムキの筋肉マッチョだった彼が、今写真で見るとどなた様?というほど痩せています。日焼けして髪もボサボサに伸び、侍のように後ろで縛ってる。筋肉がげっそりと落ちていて、細い細い。旅の途中で具合が悪くなったり、一日バナナだけ食べれたり、海でとった小さなカニとココナッツだけが食事だったりしてるようで。

これじゃ、誰も襲わないだろうな、という感じ。

さて、彼は今年の九月、無事南米横断を果たしたら、そのまま日本にやってきます。2ヶ月ちょっと滞在する予定なので、僕は今から仕事をアレンジしていて、できるだけ働かないようにしようとしています。その間に、少し今後の仕事のために、色々吸収できるいいタイミングかと思って。テレビ以外の仕事は全て一時ストップさせます。テレビの生放送はもちろんやるつもりですが、宿泊では受けないことをクライアントさんには伝えました。自分の夫が36時間かけて最終地アルゼンチンからわざわざ日本に会いにくることを思うと、ダダッっと流れて仕事してる姿を見せたくもありませんし、忙しいから適当にやってて、ということもできません。

仕事で走り抜けてる時は、基本アウトプット、なんですね。インプットする時間はありません。ヨーロッパに戻っても仕事なので、基本アウトプットではありますが、仕事の速さが違うため、ヨーロッパにいるときの僕は確実に何かをインプットしています。いろんなものを調べたり、気になる人や物や場所を確かめに行ったり。料理研究家というよりは研究家そのものになる感じでしょうか。

彼が来たら、今度は改めていい機会なので「日本」を研究してみたいと思っています。

もう一度、歴史なんかも勉強して。本来の食文化の違いと今の違いももしかしたらかなりあるのかもしれません。行ったことのない場所の料理も食べてみたいですね。新しい新商品にも繋がることでしょう。生産者を訪ねるのもいいことですね。

こんなことを書いてると、やはり僕と彼は似ています。自分の好きを徹底的になりふり構わず追求するし、実行してるから。彼が仕事をやめて一年間歩いて南米横断したいと言ったとき周りは皆反対しました。でも僕だけ「行け」と言いました。やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい、と僕も思うので。

彼が日本に帰って来たら、また二人の冒険が始まります。

僕たちを見かけたら、迷わずお声をおかけくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ春めいて(花粉症)きました。

もう冬の厚いコートはそろそろおしまい。さて、春に何を着るか。毎年季節の変わり目にはよく聞かれます。

今年は、というより、今年も、ですが僕は春はもっぱら、レザージャケットです。レザーのアイテムは本当に便利で、ヨーロッパでは朝晩の気温の激しさが半端ないため、夏でも下手すりゃレザーに頼る、という場合も。

レザージャケットは、とても長く着ることができるアイテムだと思います。馴染んでくる、というのも本当ですし、流行り廃りがありません。よっぽど「いえぇええい!!」みたいなデザインを買わない限り。またどの年齢でも着られます。黒のレザーで怖くなると思う場合は、ベージュや茶色という選択肢があります。

レザーだけはこれいかんせん、質と値段が比例しやすく。安いレザーはやっぱり。ヨーロッパだとレザーアイテムはそんなに日本ほど値段がしません。歴史が違うので。また生産量も多いためです。日本に下手にメイドインイタリーなんかでレザージャケットが入ってくると、びっくりするような値段になってます。だからヨーロッパに旅行に行かれる時とかに買うのも一つの手ですが、海外旅行に行かない、という方が実はほとんどかもしれません。

通販で安くレザージャケットが出ているようですが、やめたほうがいいと思いました。「いいレザーを使いました」とか言ってもやはりふーん・・・そうか?という質だし、サイズがミセスサイズ、で作ってるようです。同じMでも、若干、大きめにサイズ設定してあるのがミセスサイズ、です。Mでも、一般市場のMよりも大きい。つまり鈍臭い、のです。脇とか、腕周りが大きいし、袖丈が通販向けにさらに短く設定されているようで、かっこよく着る、ことは難しいようですね。

オーダーメイドが美しくないのと同じかも。だって、よほどのパーフェクトボディでない限り、自分の体にぴったりのサイズで作られた洋服が「美しい」というのは難しいはずです。洋服はあくまで綺麗なシルエットで仕立てられたものに自分の体を合わしてくくらいが「綺麗」に見えたりするのが真実かもしれません。

うわーこの服すごく楽ー、というのは綺麗なシルエットとは無関係です。

でも、レザーは多少最初窮屈でも、そのうち馴染んでくるので、綺麗に着やすいです。

春になるとああもう黒は着たくない病にかかる僕。冬の間中全身真っ黒の跳ね返りでしょうか。

でも黒のレザージャケットは着ます着ます。あ、そういえば、もう手元には黒しか残っていません。この写真のジャケットは東京のカフェにいる際、椅子に引っ掛けてトイレに行って戻ってきたら無くなっていました。隣に座っていた女性が「今、女性の方がジャケットを持って行きました。お知り合いじゃないですよね?」と不思議そうに。

持って行って、そのあと売ったのでしょうか?僕の洋服は普通のサイズではないので、よほどじゃないと着れないと思います。だから黙って持って行って欲しくはなかったです。よほど探さないと、見つからない、ということなので、僕も次探すの大変なんです。

ということで、今年は黒のレザーで乗り切ります!

皆様も春のオシャレ、存分に楽しんでくださいね!

12144904_10204674077881589_7279124607432428649_n

 

 

 

来月、10日だけヨーロッパです。パチパチパチパチ。

パリじゃなくてプラハあたりを。実はこれ、友達たちからのプレゼントのようなもので。自分で全部手配して帰る、というタイプでないのです。新しいアトリエの場所を検討するタイミングなので、いいのかもしれないと決めました。今回はチケットも泊まるところも全部セット?になってるようで、なんて楽な、旅行会社おそるべし。至れり尽せりやん。

さて、最近の僕といえば、未だせっせと日々育毛に励み、せっせと目先の仕事をこなし、プライベートでは全力で森昌子さんのモノマネを練習し。

今って花粉の時期でしょう?僕も流行に敏感な方なので、乗り遅れないようにしていますので、目がかゆい。くしゃみが出たりする。

オンエアの日は嘘みたいに楽になるんです。正確には海浜幕張のスタジオに近づくと、ピタッとかゆみやくしゃみが止まる。で、オンエアが終わると、もうダメです、また元戻り。人の体って、よくできていて、ある意味「気合い」??でなんとかなっているような。

目の赤みだけは目薬で消すようにしてますけどね、ほんとくしゃみとかかゆみはオンエアだ、と体に伝われば、止まるのです。

あ、そうだ!嬉しいお知らせが。

kami高麗のコマーシャルを、QVCさんが作ってくれるそうで。CM撮影となりました。

まぢか、先日髪バサ切りされた今?とも思ったのですが、こちらもO.Kしました。

頼むからあの「3つ上の姉でーす」みたいなCMにしないでね、Qさん。

さあ、ドキドキのコマーシャル撮影。今月です。

頑張っていきましょう!

 

398495_2683431374743_1714139292_n

 

 

 

 

すいませんね、ここのところバタバタしてて遅れに遅れ。本当にごめんなさい。なんでバタバタしてるかはまたいずれ。

はい行きましょう!

U様

石鹸で落ちる日焼け止めとお粉だけにして、HS石鹸で顔も洗ってくれていると言うことで、HSで2度洗い顔が白く肌も綺麗になって来たと言うこと、とても嬉しく思います。はい、僕も顔は日焼け止めのみなので、HS石鹸は欠かせません。メイクされている方のためのクレンジング類はただいま絶賛やり直し中です。

こちらこそ感謝です。引き続き頑張ります。ありがとうございます。

K様

オンエア、1時間まるまるだったので、やはり商品案内が濃かったと言うこと、ありがとうございます。ね、ほんと30分で終わるのとは違いました。またマスクなどへの感想もありがとうございます。

はい、今後もギリギリのところを発言してすり抜けて参りますので、さらっと本音も出ると思いますし、ショーを楽しみにしててくださいね。ありがとうございます。

O様

録画してショーをご覧いただきありがとうございます。またいろんな話ができて僕もよかったです。

ピーリングに関して、はい、ピーリングは絶対にやめてください。不要な角質など、ありません。角質を無理やり剥がすと、まだ本来出て来てはいけない赤ちゃんの角質が現れるため、一瞬綺麗になった!と思うのですが、その赤ちゃん角質は本来まだ出てこれないほどバリアする力がない角質で、そのあとの紫外線や化粧品などによる肌へのダメージはさらにひどいことになります。

顔の産毛剃りですが

頻繁にやる必要はないですが、剃ってもいいです。ただし、角質は削れますので、明日外出する、紫外線に浴びると言う際はやめた方がいいです。朝剃るよりも夜がいいと思います。剃ってすぐ日焼け止めを塗るとか、メイクとかはよくないので。あと、吹き出物が出やすい方は、角質を削るとそのあと吹き出物が出やすくなるのでそれも注意されてください。僕はどうだろう、3ヶ月に一度、部分的に剃るか剃らないかくらいです。毎日のシェービングなんてありえません。ヒゲもそんなに生えないので。

F様

息子さんが僕のHSを使うと頭皮や顔のぶつぶつが@@る!と即答したと言うこと、僕が言うとバリバリ薬事法に触れるので控えますが、ありがとうございます!

また、ダイエットに関して。

色々あったのですね。でももう、本当に怖がることなんてないと思います。どうぞ大切なご自身の人生を、時間を、少しでも「豊かに」する方に目を向けてください。「枯れる」方にはもう、見向きもしないで。必要ないことです。

いつもありがとうございます!

S様

どうぞお気になさらず。僕は全然、迷惑だなんて思ってません。全然書きたいように書いて来てくださいね。すぐに返事ができなくても必ず僕はいただいたメッセージは全て嬉しく読ませていただいてます。

僕は人様が書いた文章をひねって読んだり、変な深読みもしないので、全く誤解はしませんよ。心配しないで大丈夫です。

いつもありがとうございます。

H様

ミザエルと僕ですね。はい、これが写真です。なんかね、同じ人間なのにこうも目の大きさが違うのか、鼻の高さが違うのかと思うような彼ですよ。目が開いてるのか?息が吸えるか?とか時々確認して来ますからね、腹たつわー。そしてそうです、9月に日本に来ますよ。またどんどん写真載せますね。ありがとうございます。

50439822_689491664779846_7292878769532960768_n

 

 

 

 

 

 

28906_4318557171866_1081815411_n

髪を切りました。15センチくらいでしょうか。どこでって、2000円カットですけど。

あまり短くすると、セットやらなんやらしないといけないくせ毛なので、また、しょっちゅう美容院に行かなければいけないと聞き、僕はずっとほっとけるような長さにしています。

美容院に行くなんて、1日仕事だから、もったいないのです。その時間で仕事するわ、というタイプなので。だから僕の髪のロングは、まさかのオサレではなく、半年一年切りに行かなくても平気だから、です。ちゃんちゃん。

で、今回切りに行ったのはかたより20センチくらいになっていたので、引っかかるんです、コートや、マフラーやに。もうこれがイライラというより「毛が抜ける!!!」とドキドキで。

それで、引っかからない程度に切ろうと思って、昔の上のような髪型に戻そうと別のアップの写真を見せて切ってもらったのですが。はい、2000円カットで。1000円カットじゃないから、かろうじてプライド保ちました(保ててない全然)

2000円カット?と思った皆さん、あなたなら超有名なこだわりの表参道あたりの美容院予約して行ってそう、と思ったでしょ。残念でした。こだわり隊長のくせに、最近は髪型より「毛量」命ですから僕。

家の近くにありまして、予約もいらないと書いてあったら飛び込んだんです。

そしたら4人髪を切る美容師さんがいて、どの方が当たるかはわかりません。その中に見るからに上手そうなベテランの最年長の男性がいて、あとは女性二人と、えらい今時のイケメンが。

そのイケメンは絶対絶対当たるな、と思ってたら、当たったんです。ちーん。

なんで嫌かって、あふれんばかりの下手くそオーラ全開で。なんだろう、下手にイケメンに生まれたからでしょうか、僕が入って先に担当した女性のお客さんにものすごい圧力というか、失礼極まりなかった。割と若い女性は色々注文したのですが、全部矢継ぎばに否定、否定、否定。そうすると後ろも切ることですよね?いいんですか?前髪どうします?「厚みが欲しいんです」「バランス悪くなりますよね?」「あぁ、じゃ、後ろもそれに合わせて」「や、変でしょう今ここの毛が重いから。切っていいですか?」「いえ、1センチくらいで」「切らない方がいいんじゃないですか?」「・・・・」

という感じ。女性は何も言えない感じでした。結局、座ったものの「じゃあ、いいです今日はすいません」とすまなさそうに何も切らずに。結局2000円プラス税金は取られてました。カウンセリングしたからとかなんとか。ええええええ。

その人が次、僕だったのです。ただ、コートやバッグを預けた際、さすがに「なんでこんな人間がここに」という顔をして、僕を怖がってたのは感じました。言葉使いもさっきの横暴さは消え、丁寧。この手の人、僕は苦手だ。

写真を見せて、15センチ以上切っていいですけど、オカッパは嫌なので、この髪型で。と頼んだら、カット3分マジでした。後ろばさっと切り、横ばさっと切り、すきバサミでバシャバシャバシャ。はい終わり。ええええええ。

冗談かと思った。あまりに早くて、止められもしなかったです。

こんな感じでどうですか、とそれで言うから。

「全然違う!」と僕は堂々ときつめに言いました。その空間の空気が凍るほど。

うろたえるその男。「あのさ、これじゃ単なるおかっぱじゃん。オカッパが嫌だから、写真見せてオカッパは嫌だと言ったよね」

彼は必死で言い訳探そうとごニャゴニャゴにゃ。僕は笑顔で「いいよ別に(正確には、そのあとに所詮2000円カットだし。最初から期待してないし、と心でつぶやきながら)」と言いました。本当にもう仕方ないな、切ったし、と思っていたのです僕。

そしたら、もう少し段差をつければオカッパ感は少なくなります、と言うから、さらに切ってもらいました。

で、すいません、写真掲載できない僕の完成です。あははは。マジかー、これで数ヶ月は笑い者で過ごしそうな僕。

でも随分最初よりましになったので、僕はそれでもう全然よしとしました。だってやっぱり2000円。ある程度、そうだろうなと思っていたので。本当にちゃんとが欲しければ、きちんと美容院を予約して、それなりの金額を払って挑まないと今の東京じゃ難しいのかもしれませんね。

もしも、数センチ切る、とか揃えるレベルだったら、2000円カットで十分じゃないですかね。僕みたいに、本気で髪型変えるのはやっぱり女性は絶対やめた方がいいと実感。今時あのすきバサミでバサバサバサというの久しぶりに見ました。

とか言いながら、時間ないし、便利だしと、ルーレットに当たる気持ちで今後も2000円カット行ってそうな僕。ふふ。