48361717_222041495376196_5858973903057059840_n48357093_2128545550794311_646020736959381504_n

健康が一番です。美容も健康の上に初めて成り立ちます。それは男も女も同じ。僕は男も女も、素肌、すっぴんが色気だと思っています。逆に言えば作り物には一切惹かれません。「素」という言葉も好きです。朝起きてすぐでも、ゾンビじゃなくて魅力的でいたいですね。

今日は僕のサプリ、kami高麗について、話をしましょう。発売後ものすごい人気をいただいているサプリですが、オンエアではなかなか、発言が制限されるため、高麗人参は何にいいの?と思う方も多いと思います。できるだけ簡単に説明しましょう。

人体で最も大きな臓器は何か?肺?脳みそ?いいえ、血管です。一番大きいというのは、とても重要だからかもしれませんね。そしてその血管の9割以上を占めるのが毛細血管。

毛細血管は、肌や髪はもちろんですが、全身の細胞に酸素と栄養を届けるとても重要な働きがあります。ここがポイント。毛細血管こそが、全身の細胞全てに隅々に栄養と酸素を届けてるのです。ここを外してアンチエイジングだの美容だの健康論を語るなかれ、です。そしてその毛細血管は、残念ながら年齢とともに恐ろしく減少します。結果、目に見えて肌の老化や抜け毛としてわかることはもちろん、体が歳をとる、ということになります。若者と中高年を比較するとゆうに毛細血管は約4割は減ってしまうと言われます。つまり細胞に酸素も栄養も届かない。老化するしかないのです。

最近はよく、もはや血液が流れない毛細血管はゴースト血管などということで注目されていますね。

毛細血管こそが、真に美容健康の鍵を握っているのです。セラミドだのプラセンタやヒヤルロン酸だのコラーゲンなど美容成分はもちろんいいんですけれど、いくら採ったって全くこの毛細血管の力には及びもしません。またよくご質問いただく血管に存在する型のコラーゲンだの、肌に存在するのがセラミドなどありますが、医学的には全く「疑問」だそうです。なぜなら、何型のコラーゲンだろうと、体のどこどこに存在してるだろうとそのまま吸収できるはずもなく、腸での吸収の際そこで最小のアミノ酸に分解されて初めて吸収できるからです。体にとってはその関所を越えさせるため、医学的にはどんな型、何型のコラーゲンだろうと美容成分だろうと、通常のタンパク質をとるのと結果的には同じようなこと。またそれらは毛細血管がなければ、肌や髪、全身の細胞になど届きもしません。4割失ってしまった体にいくらサプリをとっても意味あるのかな、ということになります。これらは全てお医者様たちに教えていただいたので、わかりやすいでしょう。データとエビデンス(証拠)がない限り、医学的には全く認められないのですから。プラセンタもそれは同じこと。医学的に認められているのはあくまで「人」由来のプラセンタを「筋肉注射」した場合のみ、です。間違っても豚や馬などのプラセンタで僕が認められるような美容健康のエビデンス(証拠)やデータは医学的にございません。したがってその証拠に、国に認可されているのは「人由来のプラセンタ」のみです。「人」の胎盤からとったプラセンタを口からではなく、あくまで「筋肉注射」して初めて意味あり、という現実なのです。医学的には間違ってもサプリで口から、という訳ではありません。先ほど言ったように、腸管吸収、という関所があるからですね。あくまで筋肉注射でそのままダイレクトです。繰り返しますが、そうゆう美容サプリを否定するつもりは全くありません。サプリは食品、ですし、それぞれ栄養素には代わりがないのですからいいのでしょう。ちなみに医学的にはプラセンタというものは厳密には存在せず、ビタミン、ミネラル、アミノ酸の集合体、と認識されます。ただ、毛細血管豊かな10代がとるならまだしも、毛細血管が少なくなってとっててもあまり意味がなく、体の優先順位は生命維持のため、そんなものは全て内臓などで使われて終わり。肌などに届く前に使われてるかな、というのはお忘れなく。またコラーゲンなどはもう、実はズバリ量の勝負です。その意味ではサプリにはそんなに入りませんから、食品に入れてしまうのが断然、量が入ります。だから僕はコラーゲンは食品でとるか、純度の高いものを食品に入れる方が意味ありと判断しています。コラーゲンやヒヤルロン酸、プラセンタにセラミドなど色々サプリはありますが、人様のお好みなので、それぞれいいのでしょう。ただ僕はそれらサプリに自分自身の美と健康を頼ることはありません。お医者様によっては、そんなサプリより卵一個余分に食べとけ、とバッサリおっしゃる方もいらっしゃいますが、僕その意味はとても理解できます。

また、オンエアでも言ってますが、予算が許せばもちろんkami高麗と、上のような他の美容サプリを同時にとっていただくとそれは嬉しい期待をしてください、ということは本当です。ただ、食事をきちんといただいているなら、kami高麗に絞っていただいてほんと十分ですが。女性にはサプリを飲む楽しみ、というのがありますからね、それはもう、皆様次第で、いかようにも楽しんでもらうのが一番だと僕は思います。

もっと細かい話があるのですが、僕がサプリを開発する際、そのような理由から、毛細血管、ということにものすごく集中したのです。また「データ」と「エビデンス」(証拠)なき美容成分には全く関心がございません。そんな条件を満たしたのが、世界中探しても唯一、高麗人参、だったのです。2000年の歴史と、400年の研究の結果、は伊達ではありません。

毛細血管というのは、臓器では珍しく「復活」する臓器だと言われます。頑張れば戻るのです。つまり、努力次第でまた戻せる。全細胞に栄養と酸素を与える大事な毛細血管が戻せる。またその戻せる力を目指せるのは僕の知る限り「高麗人参」だけです。毛細血管を戻すことを目指し、肌や髪もそうですが、体の細胞隅々に栄養と酸素が届くように目指すことこそ、とる、続ける、意味のある、真の美容サプリだと考えます。

コラーゲンが肌にいい、とか、セラミドがいいとかそんな部分的なメーカーやネットレベルの話はいらないのです。データとエビデンス。それが全てです。だから僕が相談するのはサプリもコスメもいつも医師の先生方か、大学の教授陣であり、間違っても他の商品開発者と相談というのはありません。商品開発の専門家は自分だけで十分。それ以外の分野の専門家の脳が必要なのです。もっと言えば、スポンサーがついてるような大学や医師に相談しても無駄。スポンサーにとっていいことしか言わないからです。

僕のkami高麗はなんで美容健康に突き抜けると言ってるのは、毛細血管に注目し、そこに一気に目指せるほどのジンセノサイドを誇るから。市販の0、4mgや数を飲んでやっと1日2、5mgを目指した商品とはものが違います。僕のは一粒で25mg(実際にはもう少し多いです)のモンスター級と呼ばれるものなのですから。2、5mのワニと25mのワニの違いというのはそうゆうことです。ちなみに韓国では、合計2、5mgを1日に取れば、何々にいい、と様々な素晴らしい医学的なことがきちんと公的にうたえます。kami高麗は、2、5mgどころか、25mgです。

最近はkami高麗を追いかけてるのか、様々なメーカーさんが今までの0、4mg含有程度のものから「高含有」サプリを出してきてますが、それでもせいぜい10mg程度。また何十種類もあるジンセノサイドの組み合わせが僕の商品とは全く違うため、10mg含まれようとやはり僕から見れば「男性向け」というタイプで僕の美と健康のサプリkami高麗とは全く目指すところが異なるものです。でも嬉しいのは、こうして高麗人参の業界が刺激され、さらなる進歩を遂げるかもしれないこと。別に僕は自分のサプリを超えていただいて大いに結構なので(むしろ超えていただいて、僕の価格で代わりに売ってくれた方がよほど僕たちは楽だし、こちらも赤字覚悟の恐怖が無くなりますし)超えてくださいどうぞ是非、という気持ちです。本当に。でもおそらく、どこも超えられることはないでしょう。kami高麗を今後超えるのも、10年後の僕自身のkami高麗かもしれません。

美容健康も毛細血管が鍵を握ります。kami高麗を飲んでいれば、ゴースト血管なんて、怖くないを目指していただけるのです。オンエアではこのようなことまでは絶対に言えないのですが。もちろん、女性だけでなく、男性もマスト、です。

14日朝9時、昼2時、とkami高麗のオンエアです。久しぶりですね、お待たせしました。僕もそろそろ少なくなってきたので、楽しみにしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との縁は、偶然ではなく必然だと僕は思います。出会い一つ一つに意味があると言われますが、正しくは意味のあるものにするかどうか、だとは思っているのですが。

縁、のことを考えると、思うのはロマンのこと。実は昨日彼の夢を見たんです。妙にリアルで、目覚めてしばしキョトンとしました。

ロマンはフランス人ですが、地方に住んでいます。パリに会いに来てくれたり、日本にわざわざ来てくれたり。彼は中国でフランス語を教える仕事をしていたのですが、中国では電車に乗っていると、若い女性たちにお尻をいきなり掴まれたり、大変だったのです。道端でいきなり抱きつかれて、勝手に写真を撮られるとかよくあったそうです。外国人がほとんどいない場所だったため、珍しがられたそうで。これって女性がやられたら一発にセクハラですよね。でも男性がお尻を掴まれたり抱きつかれても誰も何も言わない。アジアはそうゆうやな傾向があると思います。ヨーロッパではアウトです。

彼を派遣した中国の会社の女性が、彼に好意を抱き、彼は全く興味なかったのに、彼に執拗に迫ったため、完全にストーカーと化していたため、結局彼はやめてフランスに戻ることに。

その女性は僕のことをフェイスブックの彼の投稿写真で見たらしく、僕をまず女性と勘違いし、ものすごい嫉妬を燃やし、この女は誰?みたいになり、「恋人」ということでキレて挙句僕の方にも中国からストーキングをスタートさせ、僕の友達たちから木っ端微塵にされていました。ストーカーというのは、全くの関係のない赤の他人のくせに、何を勘違いしたのか、なんの権利もないのに勝手に執着心と嫉妬を燃やすことをまざまざと見せつけられました。

女性からの嫉妬だけではありません。ロマンの住む地方では、女性にモテるロマンに男性たちが嫉妬して、あいつは遊び人、というような噂を執拗に流し、小さな街ですから、まるでそれが事実のように流れて、女性たちは彼を「遊び人」と認識し彼は苦しみました。

人の嫉妬って・・・。

そんな彼と僕が出会ったのはまさに、縁、でした。ただこの縁が、結局お互いをより一層傷つけてるのかもしれませんが、最後の結果が出るまで僕にはわかりません。

この世界でものすごい数の人間がいる中、自分と深く関わる人間はそれほど多くはありません。だからこそ深く交わる人間には、全力で向かい合いたいと僕は思います。中途半端な付き合いはいらない。

偶然が必然に変わるのはきっとその瞬間だと思います。

皆さんももし、周りで元気ないな、とか最近どうしてるかな、とか、色々大変みたいだな、とか気になる人がいたら「お茶でもどう?」とか「ご飯いく?」とか声をかけてあげてくださいね。

15036594_10207212889150284_7864277538495728853_n (1)

 

 

 

 

 

48358675_217204725865390_6056927184793108480_n

どうも、コート好き隊長のJです。

なんか東京、寒くないですか?びっくりしてます。最近僕はロングのムートンコートをすでに着てます。本当はウールのオサレなコートを着たいところですが、結局暖かくて楽なムートンに手が伸びる今日この頃。ダウン反対運動、軽くて暖かく何にでも合うからついつい着てしまう。でもそれはどう見てもちょっとスーパーへ、となるから、エレガントではない、と主張してる僕なのにすいません。

パリに帰った際は、ケルケルにカーキ色のトレンチコートを日本で買って持って行ってプレゼントしてあげました。写真で着てるのがそれです。トレンチは大好きですが、最近流行りすぎて制服のようになっているので、ダメだなぁと思ってたら、カーキがあって、この色なら全然被らないだろうと選びました。トレンチの醸し出す男っぽさも僕は好きです。

先日セバスチャンに新しいコートを選んで欲しいと頼まれて、ついて行ったのですが、結局見つからず。コート選びは難しいんです。

なんども書いてますが、あれだけの面積を占めるから、コートが安っぽいのは絶対ダメです。そうかといえど、彼には当然、予算というものがあり。すごく見たのですが、これ!というものに巡り合わず。大きな買い物だから、妥協せずに待て、と伝えてあります。って言っているうちに多分セールが始まり、高額品が半額くらいになるだろうということで、そうすれば彼も無理できると思います。

そうなんです、コートって、ちょっと無理するぐらいできっとちょうどいいと思うんです。

パリでもクライアントの奥様が旦那さん(彼もクライアント)にコートを買ってあげたのを手伝っていたのですが、結果買ったのはすごーくかっこいいコートでした。とてもお似合いで、貫禄があるし、上品で、とても今時でおしゃれ。やっぱパリだわーという感じ。日本ではあの価格であのクオリティはなかなか出てこないような。オサレ。

予算は人それぞれ。1万円でもきついわ、という場合もあれば、コートなら4万まで、とか、5万、いいのなら10万でも、またはそれ以上普通でしょ、とか、その方により様々。

どの予算帯でもいいのです、そこから少しだけ、無理するつもりで選ぶと正解だと思います。

最近韓国ドラマを今更ながらハマって見てる僕ですが、俳優さんコート姿かっこいいー。なんかタートルにオサレなコートさっと羽織ってて素敵です。

やっぱ男は黙ってコートやな、とわけのわからんコメントをここに書いてる僕ですが。

皆さん今年はどんなコートを着られるのでしょう?あったかくしてお過ごしくださいねー。

 

 

 

 

11220872_10204793724232673_3419289665196192139_n

昨日書いたブログのことについて2、3お問い合わせを早速いただいていたので、補足します。

ブランドのパーティーって何?という知らない世界に興味津々、もっと説明してほしいという内容だったので、もう少し詳しく書きましょうね。イメージしやすくなりますように。

例えば、明日はエルメスがノエルのパーティーを開きます。週末はグッチがやるようですね。

エルメスで言うと、明日、銀座のあのエルメスビルで開催されます。招待客は400人程度。その中でさらにさらにVIPルームに入る超VIPもいらっしゃいます。もともとノエルに招かれるのはVIP顧客のみですが、さらなる VIP扱いがいると言うことですね。

明日はおそらく形式は立食なので、エルメスの上の階から順に、前菜、と始まって各階ごとに主菜など振舞われる料理が変わります。つまりフルコースを上の階から順におりて行きながら立食で楽しむと言うスタイルです。地下でデザートで終了と言う感じでしょう。超VIPに関しては実はVIPルームで着席だと思いますが。ほとんどの参加顧客はこの別部屋の存在は知らないと思います。そのVIPルームで振舞われるお酒などのグレードも当然さらに上がります。

ノエルの際にはVIPが集まるから、あのバーキンやケリーが店頭に出されるの?と言うご質問も出るのかもと思いますが、基本普通のバーキンなどは参加の皆さんもうたくさん持ってるはずので、披露されるのはヒマラヤクロコなどの素材の、桁がまた違うクラスのバーキンなどは見えるでしょうか。その年によると思います。

パーティーでは何か売りつけられるの?と言う質問ですが、ノエルの場合は基本年間たくさんお買い上げいただいたお客様への感謝的なイベントなので、そこで売りつけられることはないと思います。皆さんお好きなそのブランドのその場の特別な雰囲気を楽しんで、そこでの立食やドリンクを楽しみにいらっしゃる感じです。

またどんな人が呼ばれるかと言うと、よほど特別な芸能人はともかく、ブランドによって基準は違いますが、例えばエルメスだと年間一生懸命バッグやら財布をたくさん買っていても呼ばれないと思います。ほとんどのエルメスファン、の方はそうゆうバッグ類をたくさん買って待ってると思いますが、ノエルに呼ばれたい方は、エルメスの革製品以外、つまりエルメスの洋服、をたくさん買えば、ご招待されるはず、と僕は思います。エルメスの場合、本物の顧客、を掴むため、誰もが買おうとする人気ある革製品類の購入はカウントされてないと思うのです。まあ別に無理してノエルのためにそんな頑張る必要などないと個人的には思いますが、参考までに。

こんな感じで、いいでしょうか?ブランドのパーティーとはなんぞや?と言う疑問に少しでも答えられていたらいいです。

とかって書いておいて、明日のエルメスのノエルがこんな感じじゃなかったらすいませんが、僕の情報ではほぼ、明日のノエルはこんな感じで開催になるはずです。

まあ、いろんな世界があると言うことですね。

 

 

 

47572467_261628791175641_1371517210916290560_n

僕とミザエルの間抜けな(僕が)写真で失礼します。去年のクリスマスあたりにパリで撮ったものです。もう一年たつのですね。

クリスマス近し。僕は今年普通に日本で仕事、のためなんの計画もしてません。12月は東京では海外のいろんなブランドさんのノエル、のパーティーが目白押しのため、何かと業界の皆さんは忙しい、はず。が、僕はご招待はいただきますが、その手のブランドのノエルのパーティーに参加することはないので(超苦手)地味に仕事だけして過ごします。こんな12月もあっていいのかも。誰とは言えませんが、その手のブランドパーティーには必ず、必ず参加されているQVCのゲストの方がいらっしゃるそうです。ご多忙なスケジュールの中、ほんとマジで??という感じですが、彼女のあのバイタリティは、さすが芸能界で生き抜くだけありますわ、という感じ。僕にはほんと無理ー。

ブランドのパーティーは、芸能人にとっては、マスコミが写真を撮ってタダで露出を増やしてもらうチャンスですし、またVIPのみ参加できるパーティーのため、そこそこのクラスの人間が集まるので、人脈作りや自分の宣伝にはもってこい、の場なんです。芸能人なら、ガツガツ行きたいところでしょうからね。

それはそうと、そんな華やかーな世界はもう、僕にはどーでもいい。

着飾って足の痛い靴履いて参加するパーティーより、温かい格好してヒールのない靴履いてミザエルと公園散歩するのが今の僕にはいいんです。

ちなみに。10年くらい前の僕の写真を見ると、華やかだったけど、心がとても傷んでたのがとてもよくわかります。これが、その頃の写真。

仕事でのいろんなパーティーにいろんな付き合い。時間も不規則。家に帰るのもできない日が多くて。キラキラピカピカしてたけれど、本当に窮屈で。

もう僕はその世界に降りなくていい、と思うだけで、今は心がとても温かくなります。

とはいえ、間違っても普通が一番なんて絶対言わない。普通なんて欲しくないので。

今の生活が、僕にとって見せかけの世界より最高にエキサイティングなのです。

そんなことを、今日はしみじみ、考えてます。

皆様のクリスマスが、今年も素敵でありますように。