インスタをみた方(元関係者)から、僕は「人類最強に冬が似合う」と言われました。 笑笑

前にqvcのインスタライブ中コメントで僕が「辛口なのに癒し系」と言ってくださった方がいらっしゃいましたが、それに匹敵するくらいよくできた表現だと思いました。

僕は冬が大好きです。寒さはどこまででも大丈夫。ヨーロッパではマイナス27度の世界で嬉々として生きていました。

はい、では質問回答、行きます!

名前は全部、伏せますね。インスタの IDになってしまうので。

はい、では!

1 写真は誰が撮ってるの?

アシスタントか友達です! アングルや場所は細かく指示してるわけでは全然なく、ぱしゃっと自然にさっと撮ってます。そう、HSのスペシャルボックスは、ピンクが子供っぽくならないように少し色を混ぜさせました。気づいてくれて嬉しいです!僕は色の選択もものすごくこだわります。

2 No.88の容器最後がうまくポンプアップできないこと、そうそう。僕もいつも最後は瓶をひっくり返しながら最後2回くらいはやってる感じです。容器変更は適切なものがまた見つかれば考えますね。旦那さんのお話、思わず涙出そうになりながらなんども繰り返し読ませていただきました。こちらこそ感謝です。僕の商品が家族を支えてくれていると言うありがたいお言葉、心にしっかり刻みました。ありがとうございます。

3 朝は水のみで洗ってる、と言うこと。大正解です。絶対に洗浄剤を使ったような洗顔は誰も一切、必要ありません。あれは化粧品会社が洗顔料を早く使わせるために朝洗顔、だの朝シャン、だの流行らせただけで、全く必要ないです。朝の洗顔は確実に肌を痛めるだけですので水で十分。

水洗顔も気になるようでしたら、エビアンやラポッシュロゼ?(名前間違ってたらごめんなさい。多分間違ってる)のような水を缶に詰めたスプレーを買っておいて、それをさっと吹きかけてティッシュでごく軽く抑えて終わりにする、って言うのもいいです。僕は大抵これ。2本セットで1本無料、になってる時だけ買うので笑笑 切れたら普通に水道水。パリで買うといくらもしないのですが、フランスの水スプレーは日本で買うとアホみたいに高いのです。皆さんも2本で1本分無料、の時だけ買うようにするといいかもしれません 笑笑

口周りの赤みやかゆみがあると言うことなので、特にど偉い脂性とか、吹き出物が出てるような肌でないならいっそ水洗顔もやめていいと僕は思います。ティッシュでおさえるのも実は肌の水分を奪うのと角質に触れるので。

はい、uv,楽しみにしててくださいね。

リップクリームですね、僕のブランドから必ず出ますよ。

もう2年以上、ずっと開発が続いていて、サンプルだけで何十本どころかもうすぐ数百本試した感じ。全部だめで、まだやり直し中。先日のでやっと到着点が見えてきて、容器の選定に入った感じです。僕、唇いつも荒れてるからどうしても自分がリップ欲しいんです。早くできないかなぁと僕が多分一番思ってます。今年の冬前には欲しいですね、頑張ります。リップはね、問題はみんな相当、食べてる、ってことなんです。口紅もそうですけど、みんなあれ、食べてるんです。どうしても、食べてしまうんですね。知らず知らずに。

だから食べてしまうことを前提に成分は慎重に選んでます。あと、あまり硬いとそれで僕の唇はめくれるし、かといって柔らかいと夏場溶けるし、すぐ折れる。色々大変です。バッグに入ってると、オサレやな、とテンション上がるようなオサレなリップにして中身はしっかり安心のものにしたいと頑張ってます。

4 31日は黒にんにくゼリーのTSVです!はい、UVクリーム、発売待っていてください。正確な発売日は最初に僕のインスタから発表しますね。

5 はい、香水、出ますよ。まだやり直していて全然、時間がかかってる感じですが。先日、最終の香りが仕上がりました。

香水は一度、完璧〜なのを仕上げたのに、量産ができないとなり、断念。やり直ししてました。それからがもう、どうやってもできなくて。やっとHSを作ってる工場が挑戦した香水で5回目のやり直しがヒットしました。

いろんな工場で何度も試作させたのですが、こちらのHSの工場のは4回目のやり直しので女性の関係者は皆「いい香りー」となりましたが、僕はそれでも「だめ」えええええ???と言う反応でしたが、やっぱりやり直して正解。これとこれの香りを強めて弱めても指定しながら細かい指示をだし、5回目のは「ああああ!ほんとだーさらにいい!」と言うことに。

前ので完成だと思っていた女性陣も、納得の変化だったようです。

正直、最初に僕が実際、自分で配合して作ってきたオリジナルのサンプルが最高の出来でした。でもそれの製品化は全く量産ができないため無理になってしまいましたので、発売がえらい遅れてしまっています。でもやっと僕が「うん、僕らしい香りだ」と仕上がってくる香りにたどり着いたので、あと少し、待っていてくださいね。今、容器をすごく慎重に選んでいます。

香りのイメージは、雪山に咲くバラ。絶対にバラはそんなところには咲かないけど。そのイメージがぴったりきます。

ミザエルが雪山に登ってそのバラを採ってきてくれたらきっとこんな香り。

香水もまた楽しみにしててくださいね。

あとは今、バッグをですね、おまけでつける今年の、それはとてもまた素敵に出来上りつつあるのですが、(去年は白が大好評でした)それとはまた別に、ラム革を使ったポーチ、と言うかクラッチバッグを今作ってるところです。初めてのバッグのプロデュースです。これは、おまけのつもりでやってたら、ラム革使ったりなんだとどんどんエスカレートしておまけでつけるのは景品表示法違反になるほどのえらい原価がかかるので、おまけでつけるのが不可能となったパターンと言えばわかりやすいですかね。そんな感じです。だからqvcさんに相談して、欲しい方は採算度外視でお分けしますからご注文ください、みたいな企画ができればいいなと思っています。J.avec toiから出ます。

数万円とか、ちゃんと値段つけて売ってください、だったらやらないと思います。て言うか僕やりたくないそんなの。

採算度外視で、でもおまけでは景品表示法違反になるので、おまけではつけられないから、もう数千円でお分けしますみたいな感じだったら、GOでしょうか。

テレビを見てくださってるお客様に、そんなメリットもあったらいいな、と思いながら企画を進めています。

さて、明日、27日は午後3時からミックスショーですが30分間だけ僕は生放送でqvcに出演させていただきます。

明日、ぜひテレビの前でお手を振ってください!

アッシュ様

インスタにメッセージ、ありがとうございます。

内容をみて、おそらくパベルだな、と感じました。

対応としては、返品いただくことが一番ですが、もし試してみるとしたら、パベルを抜かしてクレンジング、石鹸、No.88と使ってみて、それで反応をみて、全く平気だとしたら、パベルが合わないことになります。

パベルはヒヤルロン酸が20パーセントも含まれています。

ヒヤルロン酸は、どのメーカーだろうがどのクオリティだろうが関係なく、稀に合わない方が一定数必ずいらっしゃいます。通常はわからなくて(通常化粧品に含まれるヒヤルロン酸は微量なため、水のようなものなのでヒヤルロン酸入り化粧品、程度ではわからない)美容整形で唇や体にヒヤルロン酸の注射での注入を行った時に気づく方がほとんどです。その場合、次からヒヤルロン酸を打つことはできないと言われます。

ほとんどの方がそんな美容整形とは無縁なはずなので、通常は気がつかず、20パーセントもの含有量を誇るパベルではじめてわかる方も多いかと思います。

アッシュ様はおそらくこのヒヤルロン酸が合わないタイプかもしれません。

ドゥゼムは使えるはずですので、肘やかかと、ボディに使ったり、爪や髪の毛、大丈夫です。上腕の裏側を綺麗に水洗いしてドゥゼムを1cmくらい塗りつけて30分以上、放置してみてください。全く反応がでない場合、そのまま拭き取らずさらに6時間ほどほっといてみてください。僕はサンプルを試す場合は手の甲にいっぱい塗りつけて6時間以上ほっといて反応をみることもあります。僕の場合はダメな成分は30分で反応はすぐに出る感じですが、個人差があるので、時間は長めにみてくださいね。反応したらすぐ洗い流してください。

パッチテストで何もなければ、ドゥゼムはどこにでもアッシュ様も使えます。

このパッチテストは、パベルでもできます。パッチテストをしてみたい場合は、同じようにしてください。

パベルはこれだけのお客様に愛されているのに、自分は使えない残念すぎると言うお声は口コミでもいただいていて、本当に僕も申し訳ないなぁと思います。でも包摂形式や保湿のためにもヒヤルロン酸を薄めたり抜いたりはできないため、レシピ変更ができません。

ヒヤルロン酸は分子が大きく、中に浸透するタイプではないので、合わない方は気がつけばそこでやめていただければ、大きなトラブルの心配も特にない成分です。通常はヒヤルロン酸は美容に嬉しい成分ですが、肌質によって実際合わない方がいらっしゃると言うのは事実です。

アッシュ様が返品しないで「僕の作ったものだから」となんとか破棄を避けようとしてくださってること、とても感激し、嬉しく思いますが、オンエアで言っているようにトラブルがあったら「やめる」がまず、一番です。

ご遠慮なく、返品も、考慮にぜひ入れてくださいね。

おそらくパベルで反応してるとは思いますが、こればっかりは人様の肌質によるので僕の方から一切、断言やこうしましょうと言うことが言えません。

これからは、パベルのオンエアで、ヒヤルロン酸が合わない肌の方が使えないこと、漏らさず一度は発言するようにしますね。

メッセージ、ありがとうございました。

0時になった途端に、フランスにいるミザエルから「お誕生日おめでとう」と連絡が。

うれしい。

時差があるのに、日本が0時を回って日付が変わるのをじっと待っていたようで。「ハッピーバースデーをジェイに言うのは世界で自分が一番じゃないと嫌だから。旦那の役目だ」って。

彼の愛情の深さを感じました 笑笑

もうまる5年になるのかな。愛情の深さは全然変わってないと言うか、年々さらに深くなるような。

僕が以前、ロシア人の女性と結婚していた時も、愛情が下がることはどちらも全くありませんでした。

僕は結婚しても相手が浮気することは許せるので最初にそれは約束事として話をしてます。「浮気はいいけど、必ず言って」と。僕の許可をとって浮気するなら浮気にならないのです。よほど変な人だったら「だめ」って言うだろうけど。

僕は内緒で浮気されたら嫌なんです。ちゃんと「この人と浮気します」って報告があれば全然問題ないのです。行っといで、って感じ。変かな?変か。でも人それぞれ、最初にパートナーとしっかりルールを作ることが大切だと思います。浮気は絶対ダメ、なら絶対ダメ、浮気したら離婚。そう言う話し合いをボカさずにしっかり向き合ってパートナーとすることは大事だと僕は思います。

女性は浮気を隠すのがうまい、とよく言われます。本当そうだと思う。ただ僕は女4人の5人兄弟の環境で育ったため、女も男も嘘はすぐ見抜きます。

エカテリーナはモデルで昔からその容姿で寄ってくる男はごまんといたらしく、もううんざりしていたので全く逆に浮気する気もなかったです。浮気してもいいと言ったのに笑うだけ。そんなことよりヨガやピラテスに夢中でした。ミザエルには女性と遊ぶのは全然構わないよと伝えてあるのですが、いろんな人と遊びまくるのは困るから最初に「彼女を作るのはいいよ」と伝えていました。その約束もちゃんと守ってくれていて(今彼女はいませんが)ちょっと遊ぶみたいな10代若い頃のようなこともないようです。彼の旅先で見つけたパワーストーンの会社を立ち上げて、日々全部自分で事業開始に向けて色々手続きやら販売の手配やらウェブやら忙しく頑張っています。

僕はそう、何かに一生懸命な人が好きです。

ココシャネルが「どんな大恋愛も、重要なのは耐えしのぐことよ」と言いました。

僕は大恋愛を望んでるわけではないけど。言ってる意味はわかります。

恋愛って、耐えること、あとは相手を理解しようとすること、が重要だと僕は思います。だから僕の言葉だと「どんな恋愛も、相手を理解しようとすることが重要」になるかな。

相手を理解するのは無理。自分のことも十分理解できないくらいなのに。

でも理解しようとする努力はきっと相手に伝わります。

恋をしましょうか。

誰でもいいです。自分のパートナーにときめくもよし。別にテレビの中のイケメンでも、取引先のイケメンでも街ですれ違うイケメンでも。

ときめきが、人を美しくします。

そして愛情は人を強くします。

恋をしましょう!

年齢層が合わないから、インスタにはフォロワーは集まらない、と言われて昨日始めたインスタですが、数時間で数百人の方と繋がりびっくりしてます。

僕のインスタのためにインスタ始めました、というメッセージもたくさんいただき、本当に感激です。メッセージ、僕からの返信はできませんが、全部読ませていただいています。

インスタにはブログで使った全く同じ写真はのせません。また新しい情報も時々入れるようにしますね。直接の反応や返信はできないのですが、伝えたいことがあればどうぞメッセージ、送ってくださいね。

SNSは、僕はずっと距離を置いてきました。これからも基本はそうです。

ブログだけでしたが、いよいよインスタは始めました。ツイッターとかTIKTOK?とかへの進出はないです。インスタはアシスタントが張り切ってくれていてそうゆうのみてると僕は嬉しいです。やはり若い世代にはインスタなんて全く当たり前じゃん、というわけですね。

僕は昔から、流行には乗らないのです。流行りものは、必ず廃れます。

流行ものは必ず流行遅れになります。

商品作りもそう。僕は流行ものを仕掛けはしません。

本物を仕掛けます。

本物だけが、残ってゆくのですから。

本物を作ること、そして伝えることが、僕の仕事です。

時々お店で食べる大ごちそうよりも、日々の味噌汁は出汁をとる。味噌は伝統製法で作られたいい職人がいる味噌蔵のものにしましょうか。炊きたてのご飯は奮発してコシヒカリ。あとは今日とれた魚を焼いて、自家製の浅漬けを。

派手さはないけど、深みと揺るがない強さのようなものがあります。

僕のブランドは、食品、ヘルス、コスメであろうが皆、僕が手がけているものです。軸は同じなんです。

伝統や歴史の強さを十分に生かしながら僕の衣装やスタイル、パッケージや商品名の感性に到るまで全て僕がプロデュースすることで強さに新しさが加わればいいのです。食品などの一部は、パッケージなどは全くディレクションできてないものが多いのですが、今後はもっとデザインにも力を入れます。

qvcでのショーも、今後もっともっと楽しくなるよう全力で仕掛けます。

通販番組ですが、別に必要ないものは買わなくていいので、ショーだけはぜひ見逃さないで見てもらえたら嬉しいです。

僕自身も、ぶちゃけ売ろうと思って出てるわけではありません。(ってここ書いたらqvcから怒られるかもだけど)在庫残ったらどうしようとドキドキするだけ。在庫残っただけで商品の存続にすぐに関わってくるようなものなので。

最近、qvc内でも僕に対する文句が多いと聞きました。売れてる人を引きづりおろしたいという心理からでしょうとのこと。面白くないそうです。僕が一匹狼でつるまない、というところも気に入らない要因の一つではないか、というご指摘もいただきました。

うわー、めんどくさい(心の叫び)

僕は一切、相手にしません。その手に一切興味ないから。同じ土俵にはあがらない。どこの誰かも、知る気すらありません。色々いるらしいことは感じるけど涙

前にブログでも書いたけれど、20代の仕事始めた当時も、料理村で他の料理研究家から嫌がらせを受けても僕が一切相手にしない、つるまない、反応しない、全くの無視を貫いたため「あの子は生意気」と言われ続けた僕。なんか同じことのような。

「ジェイさんが全く反応しないから、相手にしないから、相手は余計に腹が立つんじゃないですか?」と今回も言われたけど。

相手にしませえええええええん。

それに僕は売れてる人、ではありませんし、売っても売っても実際はえらい大変なことくらいわかってほしいなとは思います。皆さんご存知、僕は20代30代、昔もっともっと「売れていた」んです。僕はもう過去の人だからそっとしといてー。僕の苦労も痛みも涙も何も知らないくせに僕をネタむなんておとなげないって思います。僕が誰かに抜かれたらかける言葉は「大変だったでしょう?本当におめでとうございます」です。記録を作ることの大変さは、身にしみてるので。それを他の人が成し遂げたら素直にすごいと思います。

第一位、がほしいならどなた様でもどうぞ差し上げます。僕は全くqvc内のメダルにも順位にも興味は一切、ありません。本当に欲しければ持って行って下さい。僕は本当に全く興味ございません。第一位の何がいいんだろう?それに1位になれないことを僕のせいにしないで。もっと見直すべきところは他にあるのでは?間違っても僕を敵視することではない。そこからは何も始まらないと思います。お金が絡むと人って怖いんです。

って書くと、なんだかみなさまご心配いただくかもなのでちゃんと言っときますが僕は全然気にしてませーん。また僕に話しかけてくださる方もqvc内にいらっしゃいますから心配しないでー。

先日はヘアメイクアーティストの大橋たかこさんにまたまたアイブロウのリフィルをいただきました。ちょうどたかこさんのオンエアがあった日に僕のオンエアですれ違い際に新しいリフィルを持ってきてくださって。たかこさんには以前、アイブロウの本品を「メイクしなくても、眉は書いたほうがいいよ!」と(さすがプロ!)いただいたんです超嬉しい。以来僕、オンエアの時いつも使ってるんですよ!!時々、うっかり忘れてそのまま薄眉で出てることもあるけど。たかこさんありがとうございます。

次のオンエアは31日ですね。

それまでインスタ、お楽しみくださーい。

アカウントはjnoritsuguで出てきます!

Kel kel. Je sais que tu n’as plus de téléphone donc c’est ma dernière chance de te trouver. J’espère que tu liras ce message d’une manière ou d’une autre. Ta sœur a retrouvé ton téléphone grâce à la géo-localisation. Je suis tellement inquiet pour toi car je sais que tu as fais exprès d’abandonner ton téléphone. Je sais que tu ne l’as pas oublié et qu’on ne te l’a pas volé non plus. Tu l’as laissé. Je sais que tu savais que c’était pourtant le seul moyen de garder contact avec moi. Tu m’as dis que j’étais ton dernier espoir et tu as laissé tomber cet espoir ? Je suis perdu. Nous sommes perdus. Je sais que tu regardais mon blog parfois donc je te parle via celui-ci. J’ai besoin que tu me répondes car je ne suis pas prêt à entendre que tu n’es plus en vie. Je ne suis vraiment pas prêt. Kel kel, si tu lis ce message n’hésite surtout pas à me contacter. Ta sœur fait tout son possible pour te retrouver dans Paris… Nous sommes vraiment inquiet pour toi… Je t’aime, Jay.

最強の日焼け止めが誕生しました。発売はいよいよ3月です。

ブログを読んでくださってる皆様ご存知、僕めちゃくちゃ苦労しました(やり直しの嵐。工場のベテラン開発者が前例がないと戸惑うほどの)が、ついに誕生。これを2年後にリニューアルしろとか言われたらもうアウトだわと思うくらい、どこも変えたくありません。J.avec toi初の日本工場での生産です!

最強という理由、SPF50PA4プラスなの?と期待した方、違う違う!!

SPF50じゃなきゃ不安!と思って数値の高い日焼け止めをせっせと選んでるお客様、まんまと化粧品業界の餌食となってるかも。

業界では少し前に業界ではSPF戦争と呼ばれるものがあって、どこもかしこも高い数値が売れる、と知ってどんどん競争が始まったんです。数値が最初16から25くらいだったのが、今はもう40から50が普通。知識の深くない美容ライターさんたちがSPFが高い方がいい!強い、と勘違いして持ち上げたため一気に世間に広まりました。数値が高い方が安心、と。

逆です。

数値が上がれば上がるほど、肌への負担は増えるだけです。そしてその負担は、多分皆様が想像する以上だと、化粧品開発者としては言いたいです。

紫外線の害をとるか、日焼け止めそのものの害をとるか、というのが実際のところなんです。

例えば、もともと、日焼け止めは肌に非常に悪い、とわかりやすく認識されてください。それを塗ると肌には悪いんです。でも、紫外線の方がもっと悪い。だから仕方なく、塗りたくないけど日焼け止めを塗るしかないな、というのが実際のところなんです。本来、日焼け止めなんて絶対塗らせたくない。

でも、紫外線の方が怖い。

だから、塗るんですね。今までは、紫外線を避けるために日焼け止めの害を肌が甘んじてうける、ことになっていたようなものなんです。

これは「私のはノンケミカル!紫外線吸収剤使ってないやつ」というのでも同じことです。

僕の知る限り、誰もが日焼け止めの負担を強いられているわけです。紫外線をほどほどに防ぐのと引き換えに。

SPF50とか書かれていても、実際本当にその数値かは断言はできません。どの国のどの検査機関でSPFとPAを測るか、で全くその数字は大きく変わるのが現実です。SPF50近くで表示されていても、僕が検査機関にかけてみるとSPF10もなかった、ということが過去に実際あるほどです。過去にアメリカなどでは大きなニュースになっていましたね。

自分がSPF50くらいあると信じて日々使っていたものが実際はSPF10もなかった、紫外線の餌食になってた、と思うと悲しいですね。もちろん、ほとんどのメーカーさんは正しくやっていることと思いますよ。特に大手さんは必ずライバル社が検査にかけるため、間違った表示はできないんです。うちは小さなブランドですが、それでも誰かが調べるだろうことは明らかなので、きちんとデーターをとってます。ちなみに日本で検査機関にかけると、SPFだけで35万、PAだけで35万、合計70万ほどかかる感じです。小さなところだとこの金額を払いたくないからと、適当に表示する、場合があってもおかしくはない、世界なんです。間違っても、その場合があってもおかしくない、というだけで「そうしてる」と僕が言ってるわけではないので、誤解なきよう。

だから日焼け止めを選ぶのは難しいんです。紫外線も負担なら、日焼け止めそれ自体もすごい負担だ、箱の数値もどこまで信じていいのやらなんて、じゃあ、何使え?と?

日焼け止めが負担になるのは、一般的に数値が上がれば上がるほど、比例してその負担は大きくなります。また理由はそれだけではありません。

日焼け止めが負担になる理由ズバリはオンエアでも言えませんし、ブログでも書けません。すぐに削除要請が各方面からきます。ただし、僕は開発者としてその理由は当然、熟知してます。

だから僕が作ったんです。

僕が使えるものを。紫外線が死ぬほど苦手で大嫌いな上に、肌のめちゃくちゃややこしい僕が。自分が安心して使えるものズバリを。絶対日焼けは嫌だ、でも普通の日焼け止めなんて絶対使えない僕が。

だから最強なんです。日常紫外線はどちらもしっかり防ぎながら、肌負担なんてありますか?という工夫をして、しかも塗ったら確実に肌が少し綺麗に見えます。塗った感、白塗り感ゼロなのに、あら素肌綺麗な人状態。本当に肌負担って何ですか?という使い心地。塗るのも全くテクニックもコツもいりません。

1 紫外線をA波もB波もきちんと防ぐこと。

2 日焼け止め自体の肌への負担は絶対に嫌、そのもの自体の負担はもう過去のものにすること。

3 塗ったら綺麗に見えること。

ここはまず抑えたいポイント。

そして

塗りやすい、簡単、コツいらず毎日さっと手早くぬれるテクスチャーにすること。

夏の汗や皮脂で崩れにくいウォータープルーフにすること。

ウォータープルーフなのにまさかの石鹸で落とせること。

老けて見える原因の白浮きやファンデーションのような色をつけるのは絶対ダメ。それなのに女性が使った時、ファンデーション塗らなくても日焼け止めだけで「私綺麗」とノーファンデでも生活できること。そして白浮きや塗った感がないから男性でももちろん使えること。

そしてそして、とここからまた僕の要求がずっと続くわけです。

仕上がりまでゆうに数年を要しました。

一度仕上がって、僕がオッケーと決定したものを、土壇場で僕本人が再びまさかの撤回、やり直しをさせたこともあるのがこの日焼け止めです。これには工場も絶句でしたが。

最高のUVクリーム、もう最初のロットの生産も終わって、お客様にお届けされることを待ってます!

僕は早速、そのクリームの実力や使用感をオンエアで細かくお伝えするため、現品を持って週末は自分が温泉にそのクリームで日中貸切の露天風呂に入ったり(通常、絶対に太陽が出てる時間に僕は露天風呂などはいりません)またもっとも僕が苦手な雪山(曇っていようが夏のビーチよりも紫外線量は注意が必要なのです。雪はほとんどの紫外線を反射してしまうので、一番焼けるし、奥まで入ってコラーゲンを破壊するA波の反射が半端ない)や、雪の反射とともにわざと普段は紫外線が嫌で絶対避けてるカフェのテラスなどで1日、過ごしたり我が身を持って実験、体験してきました。カフェは僕のいるエリアは誰もいなくて、別の部屋に女性が2人、いただけ。今日は雪がすごいせいで人がもういない。コロナも心配だし、日本の経済も心配だし、本当にどうしたものか。僕がこうして動くことは、非難されてしまうだろうけど(ましてやブログで書くなんてこの時期)それは甘んじて受けます。僕は最大限の注意と工夫を払ってそれでも仕事しないと誰も助けてなんかくれません。日本の経済だって本当に心配だし。お金が回ってこなくて大変な職種もあるのでお金を使える人が使う、ということも今は必要、僕はそう判断しています。GOTOとかで安くしてしまうと当然人が旅行で溢れますから愚策だと思いましたが、仕事が絡むと難しいところですね。今の時期、僕が出張以外で移動することは当然、ないです。また当然、PCRやもっと制度の高い鼻に突っ込む方でこまめに検査することも大事。注意をしながら、僕は仕事をさせていただいています。これでダメと言われたら本当に僕も仕事ができなくなります。

温泉では滝の汗でさすがに崩れました。 日焼け止めははげてはないけど汗の筋がついてかっこ悪いから、温泉に入るときはこまめにタオルで汗流れる前にひたいを押さえると結構持ちます。雪の反射、僕の肌でも全然、1日大丈夫でした。やっぱり十分紫外線を防いでる。全然、肌も疲れません。むしろ日焼け止め落とした後に日に日に肌が健やかでほんとびっくり。

コロナ自粛時期なので温泉は山の中の誰も泊まらないところへ。山道は雪でバスは通行止になっていて唯一のバス、も運休だったので、タクシーで最徐行で到着。

ついてみたら本当に山の中。

周りの銀世界が美しくて、本当に圧倒されました。

自分にできることは何?

世の中がどんなになろうとも。僕は落ち着いて。

この美しい国日本で、僕ができることは何?

僕はそれを日々、考えているところです。

僕の考えがきちんと商品に反映されて、お客様の元へお届けできますように。

何を言っても、実際の商品が伴わなければダメダメです。考えてるだけでもダメ。実際行動しないと。日本の工場で生産させるものも、今後はどんどん増えて行きます。健康も経済も大変なコロナ時期をみんなで乗り切れますように。

勝負の3月、もうすぐです!

Kel kel. Je sais que tu n’as plus de téléphone donc c’est ma dernière chance de te trouver. J’espère que tu liras ce message d’une manière ou d’une autre. Ta sœur a retrouvé ton téléphone grâce à la géo-localisation. Je suis tellement inquiet pour toi car je sais que tu as fais exprès d’abandonner ton téléphone. Je sais que tu ne l’as pas oublié et qu’on ne te l’a pas volé non plus. Tu l’as laissé. Je sais que tu savais que c’était pourtant le seul moyen de garder contact avec moi. Tu m’as dis que j’étais ton dernier espoir et tu as laissé tomber cet espoir ? Je suis perdu. Nous sommes perdus. Je sais que tu regardais mon blog parfois donc je te parle via celui-ci. J’ai besoin que tu me répondes car je ne suis pas prêt à entendre que tu n’es plus en vie. Je ne suis vraiment pas prêt. Kel kel, si tu lis ce message n’hésite surtout pas à me contacter. Ta sœur fait tout son possible pour te retrouver dans Paris… Nous sommes vraiment inquiet pour toi… Je t’aime, Jay.