こんな時間にブログを書いてる僕。

午前4時。眠れないんです。

悩みが深くて。

来週はすぐqvcのオンエアが続いているので、体調を整えないといけないのだけど。

でも、悩みといっても、幸せな悩みかも。傍目には幸せでない悩みだと思うのですが、僕にはこれも「チャンス」のように思えて。わくわくする。自分をこんなに見つめ直してるし。

来年ちょっとスローダウンしたら、何しよう?どこ行こう?どんな挑戦ができるのかな?どんな人と知り合うのかな?

自分の可能性は、こんなにも無限なんだ、ということに改めて驚き、また嬉しくて。父さん母さん産んでくれてありがとうって感じ。人の可能性って無限なんね。また苦しい時こそ、新たな道が見えてくる。

周りへの感謝は決して忘れず、でも自分をもう見失うことも、犠牲にすることもない。

仕事のペースに余裕が生まれて、自分らしさを取り戻した僕は多分最強やん。

まさに僕が思い描いた50代になったるで。

まずはとにかく、今年のqvcのお仕事を一つ一つ、丁寧に心を込めて走り抜けます。ショー一つ一つを、必死で作り上げた商品一つ一つを僕自身が自らプロデュースしてやってるということを、しっかりとあからさまに証明すること。僕は間違っても紙切れ一枚に「監修しました」」のサインをしてるだけの借り物ゲストじゃない。

僕が最も怒ったポイントはそこなんだから、まずはそこを見せつけてから次に行く。

僕にはプライドなんて簡単に呼べるようなものは持ち合わせてないけど、多分これがその「プライド」なのかもしれない。

男はプライドを傷つけられるのを最も嫌う、とは有名な言葉やけど、僕も男やったな。

10代そこそこで東京に飛び出した少年は、元々は食べることが大好きな子供でした。残る写真には、いつも何か食べ物を持ってるものばかり。

思春期を迎え成長した少年は、逃げるように田舎を飛び出しました。人生の勝負に出たのです。

ど田舎ものが、慣れぬ都会で、女性ばかりの職場での酷いほどの嫉妬といじめを生き抜いて、住むところもままならなかった少年はいつしか料理研究家として表舞台に飛び出して活躍するように。周りの大人にたくさん騙されながらも、守ってくださる大人もたくさん。美容健康食を武器に、綺麗を幅広く手がけ始めました。日本の大手企業多数がスポンサーとなり名前を連ねました。商品開発やレシピ開発に合わせて、雑誌の連載が何本も入り、トークショーやイベント、民放各局のテレビの仕事が途切れず僕は忙しさでくちゃくちゃに。

心は乱れ、自分がどこにいるのかもわからないほど忙しくなりました。結果、カメラが回るとストレスで血が巡らず、目の視力を失い、耳が聞こえなくなり。2年くらいろくに仕事ができなかった時期も。当時の僕は、写真を見てもとても疲れた感じ。でもカメラが回ると、笑顔を振りまきました。一人になるともう何もしたくないほど消耗。

それでも15冊もの著作本を大手出版社より世に贈り出し、僕の仕事が大きく認められ、2011年には世界のスーパーシェフ21人の世界イベントに日本から初、それは日本にとどまらずアジアから初、のシェフとして初めて、アジアから招かれる、という快挙でした。アルゼンチン大使館から快挙ですと言う喜びの連絡をいただき、片道36時間かけて、アルゼンチンへ。焼き付けるような太陽、大きな大陸。世界から集まったスーパーシェフたち。そこで自分が井の中の蛙、と知りました。僕の目は、世界へ。

それがきっかけで2012年拠点をフランス、パリに移し、世界中の相手に勝負するように。手がける企業に一気に外資系が並び、料理の幅がさらに広がり、フランス政府より、いわゆる日本で言うところの人間国宝に認定された超一流のシェフにフランスで直接指導を受けました。

修了書をもらって、それでもそれらの肩書きを使うこともなく、引き続き「料理研究家」として仕事を重ねます。

ちなみにフランスで一緒にいた人たちは、大阪のあべのだったか、辻調理師専門学校だったかの教授たちや、料理長、または10年以上のキャリアを持つフランス料理人。料理人を育てる先生方やプロ中のプロで、彼らの料理に対する情熱も学ぶことができ素晴らしい経験に。皆無事通過。

僕の料理はアジアだけじゃない、と自信をつけた瞬間でした。

ただし、僕は世界の21人のスーパーシェフに日本から初めて参加が許されたシェフ、などの肩書きは使うこともなく。それだけで仕事が取れるのにと言う周りの言葉は無視しました。

肩書きで仕事してたまるか、と言う僕なりの今思えば「プライド」だったのかと。それが功をなし、商品開発にとどまらない、マーケティング、ブランディング、アートディレクションなど、企業の売り上げを大きく左右するほどの重要な企業のディレクションをも手がけるようになりました。受けた仕事は失敗しない、ジェイさんに頼めば数字が伸びると言う伝説はここから始まります。

そして、qvcでの仕事が始まり。

初めボランティアくらいにしか考えていなかったのに、いつしか、qvcジャパン史上ナンバーワンの売り上げを叩き出すように。それはqvcジャパンにとどまらず、qvcインターナショナルでの最高記録達成でもありました。快挙です。本人は、そこに大した重さを感じておらずマイペース極まりなく。僕自身は歩合制でもあるまいし、正直、なんの実感もなかったし、今もない。qvcの顔とおだてられても、何の実感もほんとにない。だから実情を知らない他のゲストさんから羨ましがられても本気で困る。新しいゲストさんなどはゲストトレーニングで「ジェイさんになりたい!」とみんなおっしゃると聞いたけど、「僕みたいになっちゃダメ。出演するだけじゃなく、商品企画から商品開発、ブランディングからショーの内容まで何から何まで必死でやって自分が消耗するだけで大した収入にはならないから」と教えてあげたい。

そして今日に至ります。

また新たな自分への挑戦。

これまでの僕の歴史は、ここで終わりじゃなく、ここからがスタート。始まりです。今まで必死でやってきたことは、間違ってない。

僕がこれからどう化けてゆくのか(妖怪じゃないよ)どうぞみなさん、一緒に楽しんでくださいね!

23日、TP(TSVに続く大きなショーです)深夜1時と、朝の9時、2回のオンエアです。

食品のオンエアで、目玉は万能ジャンの新バージョン。

化学調味料を、原料全ての段階から全て抜き去りました。使用する醤油や味噌など2次原料3次原料と呼ばれるいわゆるキャリーオーバーだから表記しなくていいよ部分の化学調味料まで完璧に全部、抜いてしまいました。

ここまでうま味調味料を抜いて、ここまでの味に仕上がったことがむしろ誇らしいというか、奇跡です。

使いやすくて、便利、美味しいと大好評いただいていた旧バージョン。完成度が高すぎて、自分でこれを超えられるのか?と本当に思ったくらい。

結果、超えてませんチーン。やっぱり無理だった。旧バージョン最強。

それでも新バージョンにしてしまえたのは、やっぱり完璧に化学調味料を抜けた、ということ。もともと僕の商品は化学調味料無添加が多く、また使用されたとしてもキャリーオーバーのような程度で気にするほどじゃない、というのはもちろんそうだと思うのですが、全部抜いてしまいたい、というのはやっぱりずっと夢だったんです。

化学調味料やうま味調味料の問題は、本当に僕も問題だと思っているので、僕は極力、全力で避けますし、僕の周りの人には全員、極力避けて欲しいと思います。実際僕はそれらを一定量使ったものを食べるとひどい頭痛に悩まされるので、普段から口にすることはありません。怖いのは頭痛ではなく、その先だと僕は個人的に感じています。

本当に気をつけたほうがいい。このタイミングで、僕の万能ジャンからは全部抜きました。工場だけじゃなく、原料を供給してるところからの協力を仰いで。そこから全部、綺麗に抜き去りました。

化学調味料完全無添加で、ここまで美味しければもう奇跡だわ、というのがこの新しいバージョンのJ’s 万能ジャンです。

さらにずっとずっと食べ続けたい商品になり、また便利さや美味しさ使いやすさもきちんと実現させられたので、よかったよかったという感じ。ニンニクやショウガ、ゴマやトウガラシなど体に嬉しい物がたっぷりと擦りおろされたりして入っています。とろみは国産のりんごと桃のすりおろし。そう、今回から桃が加わりました。ピリッと辛いタレの味を締めてくれます。

パッケージデザインはセブに頼んで、鬼門と裏鬼門の部分をカットしてもらいました。これは京都に僕が行った時に決めたデザインで、京都では家の鬼門と裏鬼門にあたる方角の家の角をカットして、鬼が入れない、ように家を設計してるものが多いんですね。もともと今日の都は陰陽道の考え方で、京都は建てられたというお話を伺い、素敵だなぁと。

別に風水がどうとかそうゆうタイプではないのですが、先人の知恵というか、考え方伝統、って重みがあって僕は好きなんですね。パッケージを少しアニメチックというか、レトロ感も出そうと思ったので、京都で僕はひらめきました。

鬼門と裏鬼門を切れと。

鬼が入ってきませんよーに。

食品は、おしゃれなパッケージよりもレトロ感とインパクトと可愛らしさを優先させました。そこに僕の陰陽道の考え方が加わって完成!

僕はそうめんに少し混ぜてピビン麺みたいに食べるのが好き。たっぷり千切りのきゅうり、キムチ、ハムまたは万能ジャンで炒めたひき肉を乗せて、ノリを思い切りもんでのせて。少しごま油やめんつゆもかけてざっと混ぜて食べるともうおいしすぎます。冷奴にかけるだけでももう美味しい!

新しい完全無添加万能ジャン、さらにさらに安心して使えるこのジャン、ぜひこの夏にご活躍ください!

行きます。

1 矯正下着、つけない方がいいですか。

もちろんそうです。矯正というより、実際は強制下着、というものの方が多い、と専門家に以前伺った記憶が。苦痛なのにずっと真面目に着用してた、というのは本当にかわいそう。苦痛、心地悪い、いや、とか人間の本能的反応には必ず素直に従うことは鉄則だと思います。だめ、ということなので。せめて今あなた様が気が付いてあげられて良かったかなぁと思います。骨盤ケア、と称して血流を止めて痛みを生んで、その痛みをカバーするために他の部分の筋肉が不自然に使われてよりまた血流を悪くしたりって、ほんとびっくり。中世のヨーロッパでもコルセットでたくさんの女性が体調不良、時に死に至ったという記録もあるので、もちろん全部が全部矯正下着が悪いとは思いませんが、矯正下着じゃなく強制下着の場合はご注意を。

番組をお友達とラインしながら今日の服どこのかないいよねとかしながら盛り上がってるというお言葉、嬉しいです。はい、服はそのどちらかです。僕の好みは極端に偏っているため、またサイズや素材にこだわるとそうなる感じです。

僕が若い、娘様の彼氏として紹介されても違和感ない。って嬉しすぎます 笑

やっぱりそれなりに年齢を重ねたなぁと思うのですが、キングアンドクイーンやナイト、それにジェイトワがあるので相当年齢には抵抗できてる実感はあります。ぜひ引き続き、ご一緒してくださーい!

ありがとうございます。

2 HSのためにヘアカラーと縮毛矯正をやめてみる。

縮毛矯正をまずは止めることはオススメです。それでもしかしたらHSが使える(やめてすぐ使えるというわけでもないと思いますが、徐々に薬剤が髪から抜けるとおそらく)ようになるやと。

そう、ヘアカラーも頭皮と髪にえらい負担で、特に頭皮に負担なんですよね。でもグレイヘアを目指してそれで綺麗に見える人ってもう相当限られた人だけなので、いきなりどちらも止めると抵抗感があるかなぁと思います。

HSは、他のお客様もそのために縮毛矯正やめたとか、HSをやめて他のシャンプー使ったらもう体の反応がえらいことになって、ああ、やっぱりHSじゃないとダメ、と慌てられたとか、本当に嬉しいお言葉をたくさんいただいていますが、女性はやっぱり白髪問題は深刻だと思います。男の僕でもほんと深刻。僕はもうカラーも白髪染めも一切NGの頭皮になってしまったので自然なまま、ですがやっぱり白髪いらんわーと思っていますもん。

僕の白髪染め、開発頑張ります。

また新しいパベル、ご自身のミスでポンプを壊してしまったということ。箱裏のメーカーに連絡をしてみてください。ポンプだけの販売は行っていませんが、新品の容器サンプルが残っていれば何かアクションが取れるかもしれません。また、メーカーも、どのようなことで壊したのか、壊れるものなのか、を知っておくことも今後の容器選定、容器開発に活かせることなので。

そういえば、口コミでドゥゼムが容器不良でもれる、というお客様がいらっしゃいました。漏れて漏れて、と。多少の漏れではない、という印象でしたので、私だけ?みんなこうなの?と我慢して使わずに、それは明らかに容器不良だと思いますので、そんな時はすぐQVCに連絡して返品交換をなさってくださいね。

ありがとうございます。

3J’sアミノゲットしました。一日2回に分けて飲んでも大丈夫?

基本、飲みきりタイプで開封後に保存されることを想定していないのですがその日中に飲むのであれば異物が入らぬようきっちり口を折って冷蔵庫などで保管された上で、その日中に飲むとかだったら僕ならやるかもしれません。ただし、メーカー推奨はあくまで飲みきり、で開封後に保存は全く想定していないことはご理解ください。

また一日、2包飲んでもいい?はもちろん素晴らしいです。むしろどうぞ、と言いたいくらい。

そういえば別のお客様で先生にJ’sアミノを飲むことにした大丈夫かと問い合わせたところ、先生から「いいですね、私も飲みたい」と言われたそうです。その先生はそのお客様のおかげ?でkami高麗はご自身でずっとご購入、ご愛用いただいてるそうですがもしや先生もJ’sアミノデビュー?とか。

僕の商品だから徹底して添加物系は削除してあること、また計算された配合や質の良さが素晴らしいことであろうこと(まだ現品が届いてなかったそうで、あくまでQVCサイトの商品情報を読んで先生のご意見だということですが、ビンゴ、その通りでございます)またアミノ酸自体はどう転んでも体に絶対必要なそのものであることで、気休めなどでは全くない、などがご評価いただいたそうです。

お買い上げ、ありがとうございました。

4 kami高麗、オンエアは27日?見逃したくない。

はいそうです。27日、TSVで破格で登場します。感覚的には26日の深夜からスタートする感じです。27日の0時スタートなので、感覚的には26日の夜ね、という感じ。

0時と同時に買えるので今回ばかりはスタート時点から買えないとか絶対絶対絶対なくて、ちゃんと0時の初回スタートから必ず、ご購入いただけます。恐ろしいほどの在庫を、過去最高の在庫を準備させて頂いて準備万端、なので、さすがに今回買えなかった、なんてお客様は絶対に出さない、という覚悟でこちらも準備してますので、そこはご安心ください。きっと焦らずとも27日を通してお買い上げいただけると思います。ただしウエイトになる前にはおさえてしまってくださいね。

J’s アミノ4000もお買い上げありがとうございました!

5 私の勤務してる病練が電源が入らず、やっと休憩中にネット開いたらもう売り切れになってた、悲しい!

うわあああ、ごめんなさい。それは悲しい。買いたいものが買えないストレスは僕も知ってるので、ほんとそれは僕の商品ではやめてーと常に言ってるのですが、今回も予想を遥か彼方に超える勢いでご注文いただいてしまい、すいません。途中で売り切れた後で、緊急再生産による緊急再入荷、ということでお待たせはするもののウエイトをさらに積み増してオンエア続行、などこちら側もめっちゃ努力してなんとか数を増せないか、と頑張ってもらってたのですが追いつきませんでした。

病院にお勤めのお客様なのでしょうか。この時期、本当にお疲れ様ですありがとうございます。医療従事者に僕は感謝の気持ち云々よりも、お金を!!!といつも思っています。そんな感謝の気持ち云々も大事なんだけど、それよりお金を回してあげて〜。

とはいえ僕は政治家ではございませんので、力及ばず、感謝の言葉と、間違いなくお役に立てるであろうと自信を持った、自分の心を込めた商品をお届けすることしかできませんが。

次のオンエア実現を急いでもらうことにします。少々、お待ちくださいね。メッセージ、うれしかったです。

6 お腹への不安

サポートを目指して、J’s アミノに配合された生きた乳酸菌と死菌をどうぞ使ってくださいね。腸内環境を目指すには、生きた乳酸菌がとても重要な働きをします。死んでる方ももちろん、善玉菌のエサになったりするので、それはそれでいいのですが、やはり比べると生菌に軍杯をあげ、僕は強いプッシュをしてます。動物性の生菌入りの商品はあっても、J’sアミノのような植物性の生菌入りのサプリってすごく実は珍しいんです。植物性の乳酸菌は一般的に胃酸に強いとよく言われますがまさに理想的。

はい、正しい知識などをつけることはとても消費者として大切だと思います。なかなか出てこないのですが。それが少しでも出せるように、テレビでは言えないことだらけのルールの中、僕もショーでできる限り言葉を選んで頑張ります!ありがとうございます。

7 ジェイさんの万能ジャンが新しくなるの?

はーい。今月の23日のオンエアで新登場します。

これこれ、これなー。

また詳しい情報はオンエア前のブログでアップします。

バージョンアップでより美味しくなったの??

いいえー。

バージョンアップしても、オリジナルの完成度は超えてないのー。

ぶっちゃけオリジナルの完成度高すぎて味では自分で自分を超えられなかったのー。

じゃあなんでバージョンアップよ???ええええええ???

理由はねー、化学調味料、全行程から徹底的に排除したったわ!!!!

工場で使わないことはもちろんのこといわゆる2次原料だの3次だの、キャリーオーバーだの、使う原料(醤油や味噌)などすべてからなんとそのすべてから化学調味料は一切ぬきさったったわ!!!キャリーオーバーですら使ってないってことやでー。つまり本当に本当に含まれませーん。

化学調味料無添加と言いながら、でも実は、使ってないのは工場で製造時のみだけの話で、実際は原料にキャリーオーバーで入ってるのうふ、みたいなふざけた無添加表示ではございません。僕のは本気の無添加です。

使いやすさなどは従来品通り。若干、若干、辛味が少しだけ少しだけ勝ったか?という感じでしょうか。

お楽しみにー

8 Hs,早くオンエアを

自分の在庫が1個で先日慌ててオーダーしたものの間に合わなかった。苦肉の策でqvcで以前買ったシャンプー、封印してたけどHSと代わり番こで使えば次まで持つかなと洗ったら体が体が受け付けない!シャンプーしたら以前は気がつかなかったけどシャンプーだと頭皮がバリバリ感。とてつもない不快感。慌ててHSに戻してあー、これこれ!2日間HSで泡パックまでしたら元に戻った。髪の毛にハリも出てくる。よかった本当に禿げるかと思いました。HSなくてはならない、どうかHSのオンエアを。

うわー、HSオンエア次いつだろう???在庫がないんです、7月25日のミザエルのTSVで出てくるのかな???多分、石鹸でも落ちます、っていうのもあるので、HSを合わせてその日買えるようにするとは思うのですが。まだ僕の方にその確定が来てません。

そうなんです、HS以外で洗うなんてもうとんでもないというお言葉はたくさんいただきますし、僕もそう。HSはほんと1度に50個しか手作業でやってるため作れず、HSが出て来たら少し余分に抑えとくは鉄則に。HSは水分を抜いてあるため菌も繁殖できず、品質が変わらず常温で平気で長く持つので、家に在庫抱えても全く心配いらないものですし。ぜひ今後はまとめ買いを。

僕のボーイフレンドも24歳ですがHSを使って洗顔してます。彼は整髪料をバリバリつけてるため頭はシャンプーですが、そのあとHSの泡で頭皮を揉み込んでフィニッシュ。顔もHSだけでしかもう「洗えない」と言ってます。たまに友達の家とかで洗顔料とか借りるともう、違和感でしかなく、早く家のHSで洗いたいと思うそうで。詳しい説明を全くせず、どんな反応を若い男が見せるのか、と秘かな実験込めてHSを渡したのですが「あの黒い石鹸すごいいい」と。HSで洗顔するようになってから肌の調子も「めちゃいい」そうで。HSで洗顔してパベルだけせっせとつけてるようです。若い子ならもうそれで十分。大人はそれプラス、No.88です。

これから夏場は、No.88の量は加減していただいて全然大丈夫。オイルを数的、だったのをうんと少なくしてもいい。その日の肌の状態を見ながら、十分潤って来たな最近、という場合はほんと1滴2滴程度にパベルを混ぜて、冷房対策、くらいにペペッとつけておく程度でも十分なのです。逆に冬に向けては数滴少し多めに使うか、という感覚。

自分の肌と対話しながら、今日は1日外で歩いた日はたっぷりパベルで追いかける、とか、今日はもう面倒だからパベルまででやめよ、とかでもいい。これからの初はジェイトワのビタミンCマスクが大活躍の時期です。

楽しみながらケアを続けてくださいね。

8# 僕の恋愛観について

8の次の数字が嫌いなので、8#にしてしました。

僕の恋愛観かー。なんかかっこいいこと言いたいけど、なんか昔は色々あったと思うけど残念なくらい、今は「ない」

誠実であること。ほんとそれだけを望むかなー。

あとは恋愛って、残念ながら相性が云々の前に、住む世界がそもそも違う、っていうのがあるんです。別に貧富の差とかじゃなく、単純に世界が違う。

その世界どっぷりでしか生きられない人と恋をしたこともありますが、僕が悟ったのは、この人はその世界でしか生きられない人。全部が全部、どっぷりとその世界に浸っていて、僕にはとてもじゃないけど理解不能なことばかり。

僕は逆に、その世界どっぷりなんて冗談じゃない。絶対無理、理解不能、意味不明。また理解することもないなと。つまり僕はその人の世界では生きられない。

住む世界が違う、と悟った時、違う世界の人とは最初から絡まないことと知りました。

人の本質は変わらない。

誰かを自分が変えられるというのはないです。だから、恋愛で相手に期待をしすぎるのもダメ。

誠実で温かい。日々が嬉しくなるような。

そんな恋愛がいいですね。もう燃えたり頑張ったり自分をぐちゃぐちゃにするような恋愛はいらん。

僕ももう歳やなJ.ノリツグ パベル ホルスト 29歳。

そんな嫌な思い出とは裏腹にいい思い出の恋愛もあるんやで。

そのよき頃の写真載せとくわ。セクシーやろ。ミザエルには内緒やで。未だにエリーをミザエルはライバル視バリバリしてるさかな。怖いで。

10 ジェイさんもう髪長くしないの?長いほうが好きだった。

もうしなーい。

もう長さに耐えられるほどの毛根じゃないんよ。禿げるの怖いしな、せっかくはげかけて復活した男やのに。

長かった頃は、えらい前やけどな。ありがとう。リクエスト通りその頃の写真載せとくわ。

髪の長い頃はな、ほんまにモテててな、ヨーロッパ帰るやろ、そしたらもうナンパの嵐やってん。おかげでイケメンの友達いっぱいできたで。

普通の男はもちろん、パリの警察官にナンパされたり、家の近くの消防署の寮の消防士とか前を僕が通るたびに消防士たちがわかりやすく大騒ぎしてな。求愛してくんねん、僕を女の子と思い込んでな。実際には40のおっさんやったのにな。

男とバレるの可哀想やったからにっこり微笑んでいつも通り過ぎたったわ!!!!

道歩いててもな「おおぉ美しい!」って向こうの男は平気で声かけてくんねん。うざいで。よほどのイケメンでない限り全く無視して通り過ぎたったわ!

髪切ってからもな、女子にモテるようになったで。ええやろ。

はい、以上、質問回答でした!

コンバンワ。Jゴルゴです。(先日インスタにアップした怖い顔の僕にお客様がつけてくれた呼び名です)

70代半ばとなる僕の母親は、生放送をいつも楽しみに見てくれていますが、ショーが終わるたびにダメ出しの嵐。

先日のアミノのオンエアの時は「あんたお客様に向かってタメ口はあかんわ」「なにビーチサンダル履いてるん?テレビやで失礼違う?海でも行くんか」

ありゃりゃ。

母からのラインの長文ダメ出しにショーの合間合間にドン引きするのですが、さすが我が母というか。彼女は世代的にもちろん少し古い考え方です。古いのが悪くないです。保守的、と言いましょうか。世間体もものすごく気にする世代なのかもしれません。

彼女の中ではきちっとスーツにネクタイして、というわけですが。スーツを着ても僕はノーネクタイ。2本先日買って見たのですが、結び方がわからずまだつけたことがありません。kami高麗のオンエアでスーツを着る予定なので、そこでネクタイ閉めてみようかなとも思ってますがアシスタントに結び方教えてもらって。

母親の考えるお客様への敬意の払い方、と僕の考えるものは違います。

もちろん衣装で敬意を払うことは同じ考えですが、僕はあくまで敬意は商品力で示すことが大前提で、それぞれの商品やカテゴリーに合わせて商品やブランドイメージが高まるようにと衣装を仕掛けます。またテレビは基本エンターテイメントなため、時代に合わせて、時代を感じさせながらお客様の目を楽しませる、ということも衣装には必要な要素。いつも僕の衣装が楽しみ!というメッセージもたくさんいただくので、それも仕事です。

着たいものを着ればいいとか、ましてやフォーマルのルールや世間体に従うものではありません。

衣装の裏にはマスに出ることを選んだ人間としての確固たる僕の考えが存在しています。

コマーシャルの撮影などは「スーツでお願いします」という指定は入ります。あとqvc初期の頃は「シャツでお願いします」とqvc側から言われたこともあります。その頃はシャツなんて全く買っていなかったので、急いでサイズに合うものを探したのですが、見つからず、結局パリに戻った時にやっと見つけてまとめ買い。それで一時は馬鹿の一つ覚えみたいにシャツ、を着ていたのですが、途中でやめました。何も面白くないと気がついたから。

テレビはショー。ショーはショーなんです。民放でずっとお世話になっていたからこそ、余計僕はそのあたりこだわるのかもしれません。20代でデビューした頃から、出演料より衣装代の方が高かろうが気にしたことはありません。ここは僕が貫いて来た僕の美学であり、僕のこだわりかつ、自分を安く売らない戦略です。テレビ以外の仕事でまた頑張ればいい。

お客様にその時代を感じていただきながら、時代の象徴でもあるその商品をご紹介する。ある意味買い物はエンターテイメントでもあり、今、という時代を買うことでもあると思います。そして何より、お客様は「今」の自分を買うことになるのです。

先日のアミノの衣装はDMでも大変ご好評いただき、また関係者からの評価もよくてやってる方も楽しかった。衣装のコーディネートをブログで紹介してとか、僕のおしゃれのレシピを教えて欲しいというお声も最近はたくさん頂いています。今後はそうゆうのも必要かな、とアシスタントのやる気を見てても感じます。そういえば先日、オンエアの際、ゲストのメイクアップアーティストのひかるさんとスタジオですれ違い「どこのモナコのセレブかと思ったわ」と。「あれジェイさんパリじゃなかった?モナコ?」と楽しいお話をいただきました。彼女はとても美意識が高くて、髪の毛のカラーもご自分でやられてる、と聞いてびっくり。そのブリーチに耐えられる強い毛根が羨ましい!と思いながら楽しいお話を聞かせていただきました。当日彼女はご自身の白い肌にお似合いのサーモンピンクのジャケットでした。そういえば、ナビの石橋さんも、朝9時の初回のデビューショーでは僕のサプリの箱の色に合わせたピンクのシャツをジャケットの下に着て着てくれてましたが、みなさまお気づきでしたでしょうか。彼は意図的に合わせて着てくださいました。わかってるねーという感じ。

僕の場合、少し前までは、衣装は消え物なんです。基本1度着たら2度と使えない。でも、サステナブルやエコが叫ばれるようになって、僕もたとえ衣装でも着回し、や使い回しを意識するようになりましたが、それでもテレビではわかりやすいデザインの場合は、まだ数回が限度でしょうか。そのあとはブログやコマーシャル、写真撮影の際に使えるように一定期間保存されるだけ。なんでもない黒のスーツとかは、抵抗感なく何度も着ることはできます。今後はエコの問題もありできるだけ着回しは考えるようにしています。靴は何度も使い回しができますし。

衣装で大事なのは、やっぱりメンテナンス。靴もサンダルも綺麗に拭いて、次のオンエアまで寝かせます。ジャケットやシャツはすぐに専門のクリーニングへ。靴は僕は磨きや時に丸洗い、靴底の張り替えや裏張りもこまめに専門業者に頼んでいます。

衣装を丁寧に扱うことは、そのまま自分のショーを大切に扱うことになります。またそれらは全てお客様への敬意、にも繋がります。

そして私服を丁寧に扱うことは、自分自身を丁寧に扱うことだと思うので、それも全く同様に大切なこと。

お客様もぜひ、靴底が擦れてないか、ボタン付け直しやどこかお直しが必要な服はないか、クリーニング出した方がいいものはないか、今一度見直してみるのもオススメです。もう洋服は数はいらない時代です。似たような服ばかり着ていても全然いいんです。量より質。質の良い服をベースに時々流行の匂いがする、ワンシーズンだけ楽しめばいいわ(特に夏物)を混ぜながら「今」の自分をフレッシュに自分らしく表現していってもらえたら素敵だと思います。

じゃ、最後に先日の衣装を紹介します。僕のレシピはこう。

まずは、その日の主役になるメインのアイテムを決めます。

この日は、全身美容サプリでもあり、筋肉サプリでもある僕の新商品だったため、コスメでもない、kami高麗でもない、食品のオンエアでもない、方向性にすることに。筋肉サプリということもあり、スポーティ、ということをキーワードにしました。ただし、質の良い僕のサプリを紹介する以上、安っぽい子供っぽいスポーティはNGです。ここは慎重に選びます。

メインアイテムにしたのは、カジュアルなブルゾン。極薄のコットンで、季節的にもオッケー。私服では絶対ありえない僕は嫌いな柄物というのも、衣装ならあり、と許せました。僕が実際来ていたのは、これです。

メインが決まれば、あとは簡単。絶対に無地、そしてどこまでも無難にまとめること。メインがこれほどうるさいので、あとも凝ってしまうとおめでたい人になるだけ。品も無くなります。

ボトムはあえて明るい色のベージュ系をチョイス。ボトムは全体の印象を大きく変えるほど重要なアイテムなので、徹底的にシルエットにこだわって常に選ぶようにしてます。あえて上のグレー系とのブルゾンとは相反する色をチョイスしたため、つなぎとなるインナーは白一択です。無地の白、これで繋げば、グレーとベージュという微妙な色合わせも難なく決まります。グレーとベージュのニュアンスカラーの相性の良さ、はパリで暮らすようになってから覚えた大好きな色合わせです。ただ下手すると途端に老けるぼやける色合わせでもあるため、白でパキッと若さを出してつなぐことは必修。白のインナーは清潔感もキープするため、テレビや写真撮影の際は、非常に便利。普段は白は光を反射してしまうので、紫外線が怖い僕には全く縁の無いカラーアイテムですが、衣装としてスタジオのライトならオッケー。白いティシャツは生地が安っぽく無い、首元が丸首で詰まってる(よりスポーティに見えるから)にこだわります。また白いティシャツは、おろしたて感、もすごく大事。

そして足元は、上を重ね着してしまうため重たさが出ないよう、またリラックスした頑張りすぎない抜け感が欲しいため、あえてのサンダル。パンツの色と同系色にすることでうるさくなるのをおさえ、ついでに足も長く見えます。これがその先日履いていたサンダルです。

はい、これが今回の衣装の僕のレシピでした。このブルゾンは次のショーでもボトムスを変えて登場させる予定です。

サンダルを脱いでびっくりしたのは、僕、やっぱり生放送で相当緊張していたということ。汗がすごく出たらしくて、サンダルが汗を吸って革がシワシワに。

こうやって、僕の衣装も思い出と歴史を刻むのです。

僕の商品と共に、僕の衣装やトークなど、全部を丸ごと皆様に楽しんでいただけてこそ、それは僕の納得する仕事。またプロの仕事となります。ショッピングを超えてショッピングがエンターテイメントに変わる境目はそこにもあると僕は思っています。僕はそうゆう姿勢で常に出演させていただいています。いい商品ができたからそこで終わりじゃ無い。

伝わるかな?伝われ、と祈りにも似た願いを込めて。

さて、次のオンエアは23日、いよいよ僕の新しいバージョンの万能ジャンが新発売されます。

そして24日お昼頃からインスタライプ。朝倉さんとともにお届けします。そのあとそのままコマーシャルの撮影。

そして26日深夜、というか正確には27日、キングオブサプリ、僕のJ’s kami高麗のTSVが。

ぜひ、お見逃しなく!

たった今、東京のアトリエに戻りました。

すごい一日でした。一日4回ものオンエアが始まる前に既に半数を切る、というとんでもない状況に、デジャブのように大慌てのスタッフ。やばいオンエアできない。僕のショーは予想の3倍積んでも追いつかないと。

案の定、20分くらい?でソールドアウトが出てしまいました。まさかの初回でしかもこのスピードで。

これは申し訳ないと緊急再生産をメーカーの社長さんに頼んでみるも、原料自体の手配から間に合うのかという問題と直面し。でも12時の回には、無事(めっちゃ裏側で各方面大変だったですが)再生産が叶い、ウエイトでオンエアに。それもすぐに売り切れとなり再びのソールドアウト。もうまじか?という感じでした。ろくに説明しきれないまま、新商品が全て完売となりました。ただし、夜中の11時過ぎるとキャンセル分が戻ってきてるはずなので、qvcのサイトからまたはお電話でお問い合わせいただくと、しれっと買えたりするラッキーなこともあるので、買えなかったお客様は今日の0時になるまでは少し粘って見てくださいね。買える希望はまだあります。

スタッフ一同、お客様には本当に感謝しています。こんな一体感を持って全方面がお客様を巻き込んで動く、というのを皆肌で感じながらのオンエアになりました。数百件を超える僕のインスタへの嬉しいメッセージや買えなかったお客様からの悲鳴。

驚きや、嬉しさ、感謝の中でもみくちゃになりながら、スタッフ全員で無事予定をはるかに上回るお客様にお届けが叶うこと、ホッとするやら達成感やら、喜びやら。

やー、作ってよかったー!!!と心から思える一日でした。またスタッフ全員で大忙しながらも、楽しく、明るく、気持ちのいいショーができたこと、本当に感謝。

僕がやりたかったのは、こうゆうショーだったのです。お客様との距離感も近く、お客様に僕もスタッフも全員が巻き込まれながら動くショー。この一体感に臨場感が重なり、僕のアドレナリン全開。

大変だったけど、楽しいオンエアになりました。ありがとうございます。

インスタのDMは何百件になろうと全てオンエアの合間合間に読ませていただいています。クスッと笑わせていただいたり、ああ、返信して差し上げないと、と思ったり、嬉しくて元気をもらったり。

ショッピングを超えてゆく、というqvcのモットーはこうゆうことじゃない?と思った僕でした。

DMの中に、旦那様がなんと以前、僕が30代の頃僕にマネージメント契約を申し込んできた事務所の社員でらして、僕のことを覚えていてオンエアを一緒に見てました、というものが。

僕はその文化部やらという文化人が所属する部署に所属することもなく結局その話は確かにお断りした記憶があります。

旦那様が「ジェイさんはもともとそもそものスペックが全然違ったから」と褒めてくださってたとか。

嬉しい。嬉しいけれど、僕のスペックが全然違ったというより、ぶっちゃけ規格外の僕をご理解くださるお客様のスペックがすごいんだと思います。

今後もぜひみんなで規格外となり、ショッピングを変えていきましょうね。

自分の命が終わる時、わあもう楽しかった自分自身を全うしたったわ!と笑って行けますように。

直球勝負で行きましょう!

僕のショーが終わる時。大きな疲労感と静かな達成感とともに、深い感謝に包まれます。

僕の人生が終わる時も、きっとそう。

深い感謝のその先に、次の希望が見えてくる。