さ、続き。

もう僕は東京に戻っていますが、続きを書きますね。

僕のブログでは、リアルタイムでないことも多いです。リアルタイムだと防犯上、良くない、ということもあります。

悪い人たちが僕のブログを見て、しめしめ、留守だな、と盗みに入るからです。僕は2度、東京のアトリエは過去のアトリエですがピッキングに入られているので、防犯意識は高いです。今のマンションは防犯で選んだようなものですから。またテレビ出演や海外や出張の際は必ず誰かに留守番をしてもらっているので、全くアトリエから誰もいなくなる、ということがありません。何度か経験したので、もう特に盗まれるようなものは全くもはやアトリエに置いてませんが(大事なものは今時銀行の貸金庫やいいトランクルームがあります)誰かが勝手に部屋に入る、という気持ち悪さはごめんなので(盗るものがなくて嫌がらせでぐちゃぐちゃにして帰られたこともあります)警戒してます。ちなみに今のうちには鍵がないアトリエなのですが、非常用にもちろん鍵もあります。僕は使わないものですが1年ほど前、うちのあの馬鹿アシスタントがあろうことかそれを鍵穴に刺したまま出かけて(急いでいたそう)僕が部屋にいる時に泥棒が部屋に入ってきたことがあります。大の男が土足で入ってきて本当にびっくりしましたが、格闘技大好きな僕ですから動じず飛びつきました。警察沙汰になりましたが、僕の過剰防衛になるということで被害届は出さず、示談に。

土足で部屋に泥棒に入られても、相手をやっつけてしてしまうと、こちらが悪くなるということです。不思議すぎました。逆に僕がやられろとでも言うのか?土足で人の部屋に抜き足差し足忍び足、で入ってきた男ですよ?と激怒しましたが。手加減してくださいって。手加減????

ちなみに、ドラマや映画みたいにパンチで誰かを殴る、なんて不可能です。あんなの一発で自分の指の骨が折れますから。グーで思い切り殴ると、大抵自分の指が折れるんです。それが現実。だから手は使わないことですなんのアドバイスじゃって感じですが。

とにかく、ブログで僕が出かけているように思えても実は日にちをずらして投稿してたりします。また留守中は必ずどれかのアシスタントか友達が留守番をしてます。かなり気をつけてる、と言うことです。

さて、食事ですね。

テーブルが整うまでは日本も海外も、バーで順番を待ちます。僕はアルコールを一切飲まないため、えらい迷惑です。何もすることがありません。することがなーい。アシスタントのポーズ要求にも飽きた。

写真撮られるから余裕ぶっこいてるふりして、実はお腹ぺこぺこだったりします。

さて、食事は。僕が好きなのはお刺身です。

マグロの解凍方が下手なところはマグロが美味しくありません。

ここは上手です。

以前、北海道で手でこねくりまわされた刺身が出てきたときはもう本当にびっくりしました。刺身は触ってはいけないのです。お寿司と一緒。でもそこは凝ったデコレーションにするために串に刺して野菜を挟んで形をそれに合わせて押し付けて広げて見たいなこねくり回しをしまくったベタベタの刺身でした。

ここのはどれを食べても美味しい。美味しい美味しいいいい。一緒にいたフランスのクライアントもみんな大満足。来てよかったわー。

日本酒もよく合いました、と言うことで。ただし、こちらの日本酒よりも別の所の方が明らかに日本酒はいいな、と僕は思っていました。僕は飲まないけど、香りとかで十分わかります。お酒の質問をレストランスタッフの方にしても、飲ませてもらっていないのでしょう、スタッフが答えることさえできません。日本ではあるあるですが、本来は客に説明ができるように、スタッフに飲ませておくべきですが。以前、僕が某ブランドの高級なお酒をディレクションしていたときは、徹底的にサンプルをフロアスタッフの若い子達に実際飲ませることを徹底させました。お客様にどんな味なのか、説明ができるように、飲まないとわからないのですから。サンプルを日本の代理店の方から出し渋られたら(日本の代理店は、サンプル提供ですら渋る、ありえないといつも思うけど。飲ませないでその高級酒を売ろうって本気で思っとるんか?)直接そのお店に行って、自社のお酒をボトルで頼んで、それを「僕はアルコール飲めないから、皆さんでどうぞ」とお店のスタッフに飲ませるのです。若いスタッフはもう大喜びするんですよ。高くて飲めない、お店からもおそらく飲ませてももらっていないお酒が試飲できるチャンスですから。でもそうすることで、販売する側がその味を覚えるのです。これが大事。お客さんに「オススメは?」と聞かれたら間違いなく「これです!」とそのお酒を勧めるでしょうから。料理長やオーナーだけに勧めるのも筋でしょうが、僕はそんなお偉い方よりも現場のスタッフが実際の売り上げを作ることを知ってるので、僕のディレクションは常にこんなやり方です。若い現場のスタッフの子たちが、本物の味を知ること、一流とはなんぞや、を実際に味わう、知る、経験するってすごく大事だと僕は思います。僕は日本の若い子達に本物とはなんぞや、一流とはなんぞや、をできる限り伝えたいと常に思っています。それを伝えられる大人は、ぶっちゃけめっちゃ少ないやん、大丈夫かいな、とも思う危機感もありますから余計に気になります。

お酒を飲める人は幸せです。食事とお酒、は切っても切れない関係で、食事がより一層、美味しくなりますから、人生がより豊かになるでしょう。ただし、お酒は飲みすぎると人生を失いますからご注意を。

ちなみにこちら方面に伺った際の、僕のお気に入りのカフェは駅すぐのところのここ。昨日DMでご質問がたくさんあったのでも少し写真を載せますね。お店名前などは多分NGだと思いますので。

はい、氷抜きのラテですね。

クライアントも氷抜きのアイス抹茶ラテ。ヨーロッパでは基本、アイス、ってないんです。もちろんスタバがあるから、そこでは最近あるんですけど、本来、アイスコーヒーとか、ない。

でもさすがに夏日なので、アイスにしました。ホットを頼んでたメンバーもいましたけど。

なんか、いつかお客様とヨーロッパのカフェとかにみんなで行ければいいなぁと思っている僕です。

別にここでもいいけど 。

ここにはね、昨日も書いたけど僕のお気に入りの店員さんがいるんですむふ。

そう言えば、DMでジェイさんが次、仕事ではなくプライベートで行きたい場所はどこですか?とご質問いただきましたが、某ショッピングチャンネルで、韓国の釜山に向かうクルージングが販売されていました。きゃあああ、素敵、と思った僕はその商品スケジュールを見たら、初日が熊野大花火を海上から楽しむ、となっていました。僕のふるさと、熊野のあの大花火です。僕がいつも浜から見てるとき、大きな船が海に止まって海から見てたけど、あれですね。

どうせヨーロッパに帰れないし、これは行かなあかんわ!!と思ってアシスタントに「僕、クルージングに申し込む!僕、行ったことないの!船」と伝えたら「オンエア入ってるでしょう」とバッサリ。

そうなんです、クルージング10日間で、その間に僕QVCオンエア入ってた。しかも「そんなライバル通販チャンネルに参加したらえらいことになりますよ、お客さん被ってるだろうし、まるでジェイさんと行く釜山への旅、みたいになるじゃないですか、ノーギャラというよりもこちらが支払ってしかも」

それなー。

でも行きたかったのー。

そんなこんなで申し込んではいません。熊野花火も今年も中止になったので、行き先も若干、変更されたようです。

残念ねー。

旅は、人を成長させるといいます。

僕も早く、プライベートで自由に旅ができるようになればいいけど。

無理なー。

TSVをご覧いただいた皆様、またファンミーティングご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

TSVはほんまに素晴らしい反響をいただき、またファンミーティグもすごく盛り上がりまた、絶対にテレビでお伝えできないことにも触れることができてよかったです。楽しかったですー。また次のファンミーティング、今回当選できなかった方も、された方も、また是非、どしどしご参加くださいね。

そして東京に戻ったらすぐにまた移動。今回は、フランスのクライアント達と一緒です。

ワインの仕事の積もる相談や商談もあるし、フランス人担当者の節目でもあるし、気持ちをあげて行けそうな自然ある静かな落ち着いたエリアに移動です。どこがいいかな?ちゃんと落ち着いて仕事の話をじっくりできる空間はあるかな?フランス人だし、やっぱり和食やな。そこ日本食は美味しい?ワインの会社だから、ワインはダメだよ。日本酒いいのある?交通の便はいいかな?などとアシスタントと色々と頑張りました。フランスでの場合は、クライアントが一生懸命考えてくれます。移動は新幹線、混み合わない車両を確認して乗り込みます。時間が時間なので、ほぼ誰も乗っていない。

駅へ着きました。

って、いうて、車で移動したので、実は駅は使ってません。

とりあえず駅で「着きました」風の写真をアシスタントがおさえただけ。あら?ジェイさん電車乗るの?という風に見せて好感度を上げようという若いアシスタントの薄い思惑は僕が砕いておきました。

テレビ出演がずっと続くので、このコロナ時期に新幹線以外に乗ることは避けている僕。

駅すぐの僕の好きなカフェへ。この場所に珍しい素敵なカフェで、ドリンクもランチメニューも頑張っていてほんまに素敵なカフェです。

はい、機嫌よきよきですね。ここで働いてる可愛い子に会いたいので時々ウキウキで訪れる僕。今回も会えたわー。クライアントも美味しいカフェで大満足。

そして、こちらへ。清潔だし、ご飯も美味しい場所。入り口で強い日差しに耐えながらのポージンング。

今回、ついでに僕の公式インスタやブログ用のいい写真や動画を撮ると張り切ってるアシスタントに応えるのも大変です。また今回は全身黒、をやめて珍しくネイビーです。アシスタントに今回はブログやインスタ用と色々と写真を撮るため、黒禁止令を出されました。「ちゃんと写真撮られること考えてください!」だって。アシスタントは、お客様からいただくDMの反響メッセージがやっぱり嬉しいようで、僕のテレビ用衣装もストーリーもインスタもより最近張り切っています。

さて、ラウンジでドリンクをもらって外へ。夜ご飯までの時間つぶし。

ちょっと疲れた僕。

でもミザエルを塗って、B89を飲んでいるので、この程度だったら耐えられます。前は絶対に無理だったけど。

雑談しながら、ゆっくり自然の景色や空気をみんなで楽しみ。小さな女の子に「お兄ちゃん」と呼ばれてむふふ。

ここ数日は、千葉出張でめっちゃ疲れたため、どさくさに僕もリフレッシュ。そう思ったけど、色々と神経を使うので、結局そんなにリフレッシュにはならないかも、と悟った瞬間でもありました。色々と気を回すんですね。

大人って大変ねー。

って、いうてる間に来週は25日、夜23時はアミノのオンエアです。赤いざくろゼリーがデビューする日ですね。そのあとは1日、インスタライブもあります。そしていよいよ5日がJ’s kami高麗のTSV。

頑張れ自分ー。

いよいよTSV、本日の深夜0時スタートです。(TSVの日付は15日ですが)

1日8回、楽しく過ぎますようにスタッフチーム一同、全力で盛り上がってまいります。

先行で販売されてるので、3本セットであること、また価格はすでにお客様もご存知ですね。価格に喜んでいただいているようで(これほんまに大変な価格です)嬉しいです。ほんまに破格ですから、お買い逃しなくどうぞ。またサイン入りの箱を飾っておく!というお言葉も嬉しすぎます。

また合わせてお問い合わせ多数いただいています衣装テーマですが、

今回は「私はパベル」です。

ご要望の多い衣装チェンジ、はおそらく小物の変化で今回は展開してまいります。

衣装自体がシンプルな場合、僕がよく使う戦法ですね。夏場は衣装がシャツ1枚とかシンプルになるので、本当に小物の重要度が上がります。あれだけの上等な商品をご紹介するのに安っぽい感じで展開するのは失礼な話なのでできるだけ上質なシャツを選んではいますが、いうてシャツはシャツ、なので、小物が効きます。またお客様からいつも衣装の反響をいただけるのもライフスタイル全般のプロデュースを手掛けている人間として、素直に嬉しいです。

先日のJ’s kami高麗の衣装もお客様から反響が大きくでびっくりしました、そして喜びました。

私は高麗人参、テーマの、ただの高麗人参色のシャツ、だったので、キングを紹介するに微妙だったので、微妙に目立つアクセサリーを手首につけてキング、の商品にふさわしい全体の高級感を少しだけ演出していました。その手首のアクセに対する嬉しいコメントやお問い合わせをたくさんいただいたので、嬉しかったです。

僕のショーは、はい、お客様から鋭いツッコミをいただいている通り、はい、なにげに商品力、トーク力、僕の表情や動きの力、衣装力、スタジオのセット力、全ての力をお楽しみいただけるようにして常に展開しています。ずいぶん昔は、通販でも商品力さえあれば売れるという時代もありましたが、今はもう、そんなの絶対に通用しない厳しい時代です。商品力はあって当たり前です。商品力だけでない各要素全ての力を僕が大切にしてるのは、ショッピングを超えてゆく、とスローガンに抱えてるQVCに応えるべく、というよりも純粋にお客様に僕のショーを楽しんでもらいたいと思うからです。

今回の大事なパベルは、日曜日のTSVなんです。天気も悪いかもなので、在宅率が上がり、視聴率も上がるかもしれません。

見てくださる方が、少しでも楽しめるようなショーで展開できるように(パベルの内容は、テレビでは発言がかなり厳しく制限されているので、言いたいことはほぼ言えない、という現実があるため)より一層、様々な努力、が必要なんです。チャンネルを僕のショーで止めてもらえるかどうかの瀬戸際でもあります。

とにかく、全神経を全方面にきめ細かく使いながらパベルのショーに挑みますね。番組中のラインや、僕のインスタへのDM、どしどしお待ちしています!

ご質問にはおそらくお答えすることができないと思いますが(テレビの発言は制限されているので)みなさまからのメッセージで気持ちをあげて、8回のオンエアを走り切ります。

僕の大好きな大好きなパベル!

僕のパベルも、スタジオに降りてきてくれると思います。

では、行ってきまーす!

11、12日と連日オンエアがありました。とても楽しいオンエアになりました。

そしていよいよ15日、パベルのTSVがやってきます。

いくつか質問をいただいていますので、お応えさせてください。

1 パベル大好きです。化粧品でこんなに変わったのは本当に初めて、で今では夫婦で溺愛してます。絶対に切らしたくないのですが、まとめ買いの目安に質問が。この15日TSVのあと、パベルはまた12月にTSVで出てきますか?

ありがとうございます。12月はまだ決定してませんが、いつものようにNo,88nなどとセット、のブラックボックスになってのTSV、なので、純粋にパベル単品でのTSVは、この15日1回きり、となります。12月もセット組の中におそらくパベルが入ってのセット、になるように全力で頑張りますが、TSV自体、12月が決定ではありません。(おそらく決定ですが、公式に発表は禁じられています)

ですので、僕のオススメは12月に出てくることを見越してのまとめ買い、でしょうか。個人的には2セットは手に入れておいて欲しいと思います。破格でのパベルです、ぜひこの機会に。

2 パベルは開封前でも冷蔵庫?

パベルは、基本、届いたら個人的には冷蔵庫、をお勧めしています。(開封後は絶対に冷蔵庫です)ただし、冷蔵庫に入らない場合、絶対に直射日光も当たらない、温度の急激な変化もない(ボイラーや湯沸かしの近くなどダメです)冷暗所があれば、開封前のパベルをそちらで保存されていても問題ありません。開封後は、冷蔵庫です。コツは、冷蔵庫に最初から入れる、なら入れる、開封まで常温で冷暗所、で保存するなら冷暗所で、ときっちり決めること。開封前のパベルを気が向いたら冷蔵庫入れて、冷蔵庫いっぱいになってきたら出して常温で保存して、また気が向いたら冷蔵庫に戻す、とかいうのはおすすめしません。

今回のパベルの出来もとてもいいので、今回のロット楽しみにしていてくださいね。

3 パベル、2本目が液漏れしていてボトル口元が大変なことに。交換希望の連絡をしたけど、QVCからメーカーに連絡するから数日待ってくださいと言われました。待てませんどうしよう。

ごめんなさいね、写真も見せていただきました。これは液体が漏れて、ビタミンCが変色したものがボトルにくっついてる状態でした。これは速やかに返品交換をしてもらって欲しいところです。

せっかく気に入ってくださってるのに、またないと困る、のに、本当にごめんなさい。

QVCとのルールで、返品交換は規定のプロセスを経てになるので、このケースはQVCもメーカー側も全く問題なく返品交換に応じる姿勢ですので、僕がメーカーだろうがQVCに文句を言っても何も変わらないのです。QVCの決めた返品ルールの形式と進行に僕が全く口を挟めないのです。QVCやメーカーが返品に応じない、という場合は、僕もものを申すことはできる場合はあるのですが、返品交換に応じているプロセスの中で僕が何を言っても、すぐに送れる、という風にはできないのです。ごめんなさいね。

タイミング的にTSVが入ってしまったため、余計にバタバタしてそうですが、TSVを控えてる=在庫はある、ということですので、ちゃんとQVCとメーカー側で交換手配進行はしていると思います。

今回は、びっくりさせてまたドキドキさせてごめんなさいね。あと少し、お待たせしてしまうと思いますが、どうか早くお届けが叶いますように。

4 パベル神です。 パベルを使えない義理の妹が本当に残念がっています。私の肌が本当に調子が良くて、誰が見てもわかるレベルだからです。今まで他社の新商品ばかり期待して買ってはがっかり、買っては分からず、の繰り返しだったのですが、こんなに手応えと感謝を感じてるのは本当に初めてです。パベルのTSV、先行ではなく0時に盛り上がってまとめ買いします。今年バージョンアップなどはないですよね?今のままがいいです。

ないです。バージョンアップ今年やりますとか言われたら僕発狂します 笑笑

バージョンアップを迫られてるのが僕のショコラショー。もう2年目なので、バージョンアップしないならTSVはやらない、とQVCから言われているのですが、問題は、バージョン「アップ」などどうしてもできない、ということ。すでに恐ろしいほど完成されていて、どの成分も限界値まで最初からきちっと入れきった、ため、どこをアップするの???どこができるの????と逆に聞きたいくらいで。なんとかココアパウダーを0、1パーセントくらいだったらアップはできる、と伝えたら「そんなんじゃアップじゃないでしょ」と言われるそうで。無理。どう考えても、最初から限界値まで入れてるので、ココアパウダー1パーセント上げろって言われてもきつい。どこを変えるのかもはや分からないため、QVC側には「やりきった素晴らしい商品で、お客様も気に入ってくださっていて、大人気な商品で、僕もどう考えてもどこも一切バージョンアップ、なんてできないのでバージョンアップしなければTSVできないならそれはもう仕方ないです」と伝えて、と伝えました。 TSVがなくなるとお客様に申し訳ないので、本当はそんな言い方したくないのですが、できないんです。値上げしたらあかん、値段は下げろ、でもクオリティさらに上げろ、って言われてもね。クオリティはすでに最上ですし、これ以上値段下げたらその時点で赤字決定になるため、販売自体ができない、という話になります。

難しい。まだ時間があるので、なんとかどうにかできないか、工場とメーカーと相談中です。

パベルのバージョンアップが今年なんてないので、安心して今回のTSV、欲しいだけお求めくださいね。

5 肌の弱い甥っ子が就職で、毎日の顔の髭剃りで肌が痛んで、パベルすらしみるそう。どうすればいいですか?

カミソリ負け、ですね。男性はこの悩み、めっちゃ多いです。毎日朝、肌の角質ごとカミソリで削るわけですから、肌の強くない男性は、赤みは出るし、何をつけてもひりつくそうです。

僕はまさに、カミソリが一切、使えない肌です。不思議なもんで、僕の体はそれをわかっているのか、ほとんどヒゲが最初からありません。ほとんど、ない、です。特に脱毛?とかしなくてもないというタイプ。

まず、髭剃り前はパベル平気だったそうなので、パベルはひりついても使ってもいいと思います。もちろん様子を見ながらですが、カミソリ負けでひりつく程度であれば。ただその度合いにもよるのでご注意くださいね。カミソリで剃る前に、どんな髭剃りフォーム、を使ってるのかなぁというところが気になりました。自分にあった髭剃りフォームがあると随分ダメージが減るとも聞きますが、僕の友達は泡だてたHSのせてやってたりします。

僕の場合は、髭剃りは絶対しないので、的確な回答ができずにごめんなさいね。

髭剃りは絶対しない、というのも手です。女性用の電動顔の産毛剃り、でさっと処理することが僕的にはおすすめになります。その後たっぷりのパベルです。

いつも応援、ありがとうございます。

はい、今日はオンエアの後、そのままコマーシャルの撮影でした。

こちらの仕上がりも、楽しみにしててくださーい。

では、15日、0時、元気にお目にかかります。

オンエア時間は

0時、8時、11時、14時ミックス、17時、20時ミックス、22時、23時、の1日8回のオンエアです!

ではー!!

皆様いかがお過ごしでしたか。僕は仕事しながら、ネトフリ三昧ふふ。QVCのオンエアもいくつか見ることができました。グリーンダイヤ、見ました?

先日、QVCの加賀さんのお気に入りで、グリーンダイヤが。

僕は見たことなかったので、わーこれがグリーンダイヤね、自分のオンエア入ってなくて残念、と思いながら見ました。オンエアが入っていたらスタジオで本物を見せてもらえたのにー(スタジオに実際あったのか、はわかりませんが)

グリーンだけじゃなくて、イエローダイヤモンドもキレイキレイ。見てるだけだったのですがデザインの好みはあれど、とってもいい石だというのは画面から十分に伝わってきました。素敵素敵。色のある石は本当に見応えがあります。綺麗なものを見ると、見てるだけで得した気分になります。

qvcでは数千円のアクセサリーから数千万のジュエリーまで幅広く紹介されていますね。これね、どちらも素敵なんです。安いから、ジルコニアだから、メッキだからダメとかいう時代ではないんです。要は、ご本人が気にいるかどうか、であって、ましてや値段貼り付けてつけて歩くわけじゃあるまいし、いくらで買ったかなんて全く問題になりません。

3千円のリングも素敵だし、30万円のものも、300万も、3000万円も、3億も、30億もどれも同じくらい素敵なものは素敵です。

そう言えば、海外で、パートナーの男性がやりくりしてやっと女性に婚約指輪、を買ったそうです。でも価格が安く、販売員同士が小声で「この価格のものが婚約指輪なんてかわいそう」とあざけたそう。それが聞こえた女性が堂々と「この指輪が素敵よ。何が問題なの?いつからアメリカは愛に値段をつけるようになったのかしら?」とかなんとか、そんなことをおっしゃったそうで。感動的。

その通りだからです。今でも生きた化石のように婚約指輪は給料の何ヶ月分とか言ってる人もいるのですが、不快です。そんなの人それぞれ。

ゴールデンウィークは街をプラプラして見たのですが、人手がすごくて活気ついていました。経済が回るためにもいいことです。

さて、いよいよ明日からQVCに向かいます。

オンエアが11日、12日、と2日連続で続きます。

11日、朝の10時から、J’s 木樽醤油ジャン、のオンエア、そして12日が朝の9時からJ’s kami高麗トライアルのオンエア、です。僕はその日その後そのまま来月のkami高麗のコマーシャル撮影も。

ゴールデンウィーク明けのオンエアになりますが、元気にお目にかかれますように。

木樽万能醤油ジャン、はステンレスの樽ではなく、昔ながらの木樽で日本で丁寧に伝統製法で作られる醤油をベースに完全に僕のレシピ(工業用に書いたレシピではなく)で作り上げた人気商品ですが、まともに1時間じっくり紹介するのはほぼ初めて、ですね。これからの季節ぴったりです。

オーガニックやこだわりの醤油、など何十種類もこのために試した僕ですが、最終迷わずこの木樽醤油を採用しました。

これからの夏、めちゃ便利なタレなので、ぜひご覧くださいね。

ではでは!