HS

僕の大好きなこのHSは、頭皮も顔も洗えるせいか、(洗えるというより洗うとどちらもめっちゃいいですよ)女性の支持はもちろん、男性の使用がとても増えています。

特にお声をいただくのが思春期の息子さんや娘さんに使わせたというお声。

どなたも「びっくりするくらい」「僕にほんと見せたいくらい」思春期の悩みがなくなったということでたくさんお声を頂いています。HSだけ、で。

そうなんです、このHSだけ、というのがすごく大事で。思春期なら特にもう何もいらないので、HSだけで洗顔、あとは放っておく。朝は水だけで軽くすすぐだけの洗顔。夜はHSで。それだけ。絶対に色々と使わないこと。思春期なら使ったとしてもあとはパベルだけです。大人はパベル、No.88と必要ですが、思春期ならほんとせいぜいパベルくらい。HSだけでもいい。また男性なら整髪剤さえつけてなければHSで頭皮もバッチリケアができます。

僕の周りの男子は皆、すでにHSを使っていて。皆、化粧品など全く興味なかった子たちがすごいすごいと言ってくれていますが、若い子たちからそう言われると本当に誇らしい。大人の威厳やで、みたいな。

今日もちょうどお母様から息子さんの肌のお礼のDMをいただきました。放送で僕が思春期の息子さんとかめちゃお勧めというのを聞いて、散々いろんなものを試させてきたのに悩みは深まるばかりでどうしようと思っていたこともあり、ダメ元で試したら、あれよあれよと嘘みたいに今の結果に、と。

本当に良かった。でも僕は魔法を使ったわけじゃなく、それは息子さん自身の素肌の力が働いてることと、肌の常在菌が健やかに戻り、悩みを引き起こすよろしくない菌と普通に戦えるようになっているからだと思うのです。肌悩みが解放され、娘の人生が変わった、とかのお声も過去たくさん頂いていて嬉しい。肌の難しいお子さんの全身を洗ったところめちゃいいとかもたくさん。どんな魔法?と聞かれても、魔法じゃないです!

常在菌が出す成分と、汗、皮脂が混じって最高の美容液クリームとして肌は守られています。また常在菌が様々なトラブルの元である菌や刺激と常に戦ってくれてるから肌が健やかで保たれているのです。

間違っても化粧品がやってるわけじゃないかな。

僕のHSも他の僕の化粧品もそうなのですが、基本素肌の力を戻すように、肌力をあげるように目指して設計しています。常在菌を健やかに保ち、肌のバリアゾーンを修復し、肌本来が潤う力を取り戻すように、と。

化粧品なんかに頼ってはいけない。どうせ水と界面活性剤と防腐剤だから。

どこかで聞いた言葉ですが、確かにその通りかもしれない。

僕はそんな水と界面活性剤と防腐剤だから、とは呼ばれない、呼ばせないようなものを常に作り続けたいと思っています。またそれをすごく誇りに感じています。

先日、ジェイトワのメーカー社長さんから、言われたんです。

サンプル作るのもタダじゃないし、何度も何度もやり直しをかけられて、それでもまだ仕上がらないものばかり。ジェイさんのブランドだからそれは覚悟していたけど、場合によってはこれからの開発は断って頂いて結構です、と。

この言葉は、実際、どれだけ僕が本気でこだわってるかがよくわかる発言だと思います。僕も別に意地悪でやり直しをかけ続けてるわけではなく、またサンプルがタダではないことも知ってます。通常考えられないような回数でやり直しをかけてきたので、またそれでも全然、仕上がらないので、メーカー側からそのような言葉をいただくのは、わからなくもないです。でも僕が欲しいのは、絶対的な商品力。だから妥協で出すわけがない。

僕は僕でジェイトワのコンセプト作りもマーケティングもブランディングもアートディレクションも商品名までメーカーのために全部無償でここまでやっている、僕がやってるのは単に商品開発だけじゃないという思いもありますが。

そんな中で、無事生まれて発売される僕の商品は、本当にお客様にとってはお買い得以外の何物でもありません。

僕の大好きなHS。

明日のオンエアで、必要な人にきちんとどうぞ届きますように。1度に50個しかほんとにできないんです。ほとんど手作業になるので。

qvcではナビさんが「気に入らなかったら返品どうぞ」とおっしゃるのですが、いつも心が痛い。返品されたら全て破棄。高麗人参や黒にんにくなど、非常に高価な商材を使い、熟成発酵させるために、どれだけと手間と時間、コストがかけられているのか。

僕の商品は、迷ったら、買わない、がいいと思います。必要な方に、必要な数が届きますように。

そもそも迷ってるお客様にはじっくり考える時間をあげたい。

僕はそう思います。売ればいいというものではないなと。

Leave a Reply