リモートなんとか。

元気ですよ。僕の旦那さん。

旅好きな彼。

フランスにいますが、本当なら今頃フランスから大陸を徒歩で渡って3年以上かけて僕にいる日本に徒歩だけでやって来る、という壮大な旅に出てるはずだったのですがコロナの影響もろうけて未だ出発できず、みたいな。

彼は体一つで旅に出て、野宿や一日一食、海辺でとった小さなカニとココナッツで生きてけるような人なので(前回の南米徒歩で横断の旅で実証済み)旅をしてるとお金がかからないのです。一日1ユーロも使わないから。百円もいらないそうで。それがフランスにいるとそうは行きません。ちょっと食材を買っても数百円あっという間に取られるのだから、とブーブー文句をいってますふふ。

あれ?数百円で収まるんだ、って感じですが。何買っとるんじゃろ。

わずかな貯金もそのせいでどんどん減っているし、今回のその旅の出発日も全く見えないため、本当に困るそうで。でもさすが僕の旦那さん生命力は人一倍。色々と自分の今できることを(南米の旅をして道端で自分で手作りして売っていた石を使ったアクセサリーのブランドを立ち上げる)せっせとやっているようで。コンセプト作りから僕がアドバイスしたので政府に名前の商標やらなんやらの申請を出したり、販売するサイトを自分で一からネットでサイトの作り方、プログラミングを自分で勉強して作り始めたり。人に頼んでホームページなど作ってもらうと、お金がかかるから彼は自分でやるのです。一から自分で勉強して。石のアクセの作り方もYouTubeで独学で学びました。販売する際の箱やそのロゴデザインも自分でやり、その手配も自分で。全部自分でやるんです。すごいすごい。

大量に買った箱も僕が「これじゃないやろ。こんな色は合わない」と言ったため全部返品。先に聞けよと思ったのですが、そんなところもまあ彼らしいです。

「返品は受け付けてくれなかったけど、その代わり次その金額分他のを注文していいって!」って。

え?欲しいのはそこで売ってる箱じゃないじゃん。次注文するもんがあるんかよ、それでええんかいと思いながらまあ、黙っとこふふ。

毎日、彼とは会話をしているのですが、やっぱり僕のことが心配なようで。せやな,どー考えても僕の方が年齢的にやばいやろでもkami高麗あるしふふ。

フランスも大変なことになっているから。

でも相変わらず隙あらば僕を笑わそうとするミザエル。

相変わらずやな。全力やし。

負けじとノリノリでお互いツッコミどころ満載な会話をしてる僕たち。

幸せやな。

次に僕たちが会えるのは一体いつになるのやら。

おそらく4、5年後。

その時には彼も27、8になっている計算。僕は30に。嘘。

やばいわスキンケア&体磨き頑張ろうー。

で、写真は、僕が仕事で南米を訪れた際。アルゼンチン政府との仕事だったので、国の招待ということもあり何もかもがVIP対応でびっくりしました。ミザエルがアルゼンチンに行った時は無銭旅行で全く僕たちは別の経験をしたわけだけど笑笑

 

コロナがおさまったらまた僕も旅に出よう。

前向きに頑張ろう。

202185_1844621248914_6973819_o (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply