僕のオリジナル香水 「Jay 」できました

今回韓国で、オリジナルの香水を作ってくれるお店を見つけて、早速作ってきました。そこには何百種類の香りがあり、それを自分の好みでブレンドして、世界でたった一つのオリジナルパフュームを作ってくれます。またボトルのデザイン、色、も選べて、僕はピンクとシルバーキャップを選び、ラベルにJayと、文字を入れてもらいました。

 

僕はよくブログで書いてるように、とてもいい匂いがするそうです。電車や、街角で女性から「すいません、どちらの香水をお使いですか?」と聞かれることも度々です。僕の香りはバラです。イランのバラ(つまりダマスクローズの大元。イランから精油がブルガリアに輸出されて、それがそのままブルガリアンローズとして販売されるのです)の香りで、僕の友達もみんな僕のこの匂いが大好きで。僕の香りは香水ではなく自分で作ってるボディローションの香りです。この原料のバラの精油はなんと一滴程度で数万円しますので、製品化は最初から無理です。あくまでこだわり隊長である自分用にボディローションをそれで作ってましたが(ちなみに本物はその質がずば抜けているため、香りの力強さが違い、そのたった1滴からかなりの量のローションが作れます)クライアントさんからもいつも僕はいい匂いがすると言われているので、今回、できるだけ僕の香りに近い香りを再現してみようと、トライしてみました。

結果、かなりかなり近いものが完成。ケルケルも「うん、ジェイの匂いがする!」と太鼓判。

クライアントさん用に数本作って、日本に持ち帰りました。

早速渡すと、ものすごい絶賛していただいて、僕も超嬉しい。「ジェイさんの匂いだ!!!」と言って、超いい匂い、テンション上がる、とメールをいただいたりしてすごく本当に嬉しい。お世辞だとは思えないから、素直に嬉しい。

この香りであれば、いつかJ.avec toiから僕の香水としてそのまま出してもいいかもと思ってます。ただ、バイヤーさんがもしかしたら香水はテレビだと匂いがわからないので売れないとおっしゃると思いますが。涙 香りは、本物のバラの花束118本を受け取った時の香りと言いましょうか。僕は市場によくあるあの甘いバラの香りは大嫌いで、ダマスクローズの凛とした香りのみ(とはいえ、ほとんど偽物ですので、本当のダマスクローズの香りを見つけるのが非常に困難ですが)好きなんです。高校生がつけるようなバラの香りじゃなくて、大人しか買えないバラの精油の香り。隣にいる男性が食いついてくるような香りです。実際僕のヨーロッパの友達たちはすきあらば僕を抱え込んで僕の香りをずっと嗅いでるのがみんな好きです。

64871846_475503373185125_2067350660747100160_n

今回、本当にいろんな香りを試して試して、ブレンドするって楽しい!と感じたので、今後はパベル、という名前の香りも作ってみようと思います。

香りって、僕はとても大好きです。今年のクリスマスには、クリスマス限定でJ.avec toiのあの濃度のビタミンCマスクが贅沢にも本物のダマスクローズの精油の香り(精油はなんと、ブルガリアから直輸入します。商社を通すと偽物と混ぜられたり、値段が跳ね上がるため)でお届けする予定です。僕の香りにとても近いので、そのマスクでああ、そうか、と思っていただければと思います。直輸入しても非常に高価な商材ですが、J.toiからの、クリスマスプレゼントということで、採算度外視です。それより香りを楽しんで欲しいので。

化粧品は無香料がいいなんて思い込まされてると思うのですが、ハーブの精油などを適量使う分には全く問題はないと思います。ハーブの精油を使っても、表記的には「香料」と記載されますが。それは悪い香料じゃないと僕は思います。現在は戦略的に無香料、がいいと思い込まされているので、メーカーも無香料、と箱に書くために化粧品原材料自体の嫌な匂いを隠すためいろんなことやる方がよっぽどよくないのですから。むしろ無香料の方が心配な場合も。ただ、そのハーブの精油の質にはものすごい注意してセレクトすることは大事です。

香りには脳を刺激して、ホルモンに影響するとか、アロマテラピーなどの研究も進んでいるわけですし。暮らしにいい香り、は必要です。

公害というよりもはや香害は、柔軟剤の香りですが。たまにエレベーターなどで乗り込むと僕も頭痛くなって本当に倒れそうになります。

あの手の香りは、本当にいらないけれど、本物の花の香りとか、料理の香りとか、植物の香りは、できるだけ楽しんで過ごしたいと思います。

 

 

 

Leave a Reply