もう、素晴らしすぎて

クライアントさんが、ボーナスの話で盛り上がってたので、ちょいとこの話を。クライアントさんはボーナスで何を買うか、いや、貯金だ、いや、ボーナス払いで消えるわ、家計を預けた嫁さんから一切もらえないわ、と言うことで盛り上がってらしたのですが、僕にはボーナスはありません。でももしあったら何買いますか?と。

うーん、と一瞬考え、「靴」と答えました。そうです、ご存知の方も多いでしょうが、僕はコートと靴が大好きです。またこの時期、実際コートと靴しか見えない、と言うこともあり。靴が非常に目立つ季節。

靴といえば、衣装用の靴は、痛くて撮影や1時間のショーでもう限界なのですが。

普段履く靴は、前にも言ったのですが、とあるフランスのメーカーさんと出会ってから、あれだけ靴が痛くて靴にずっと悩んでたのが「嘘!」のようになくなりました。

靴は、最初の一週間は馴染むまでは痛みと流血に耐える、またはストレッチャーで伸ばすだけ伸ばして、履くものと勝手に思ってたのですが。それがそのメーカーさんの靴だと、試しばきで履いた瞬間から「別次元」なのです。どこも痛くなくて、嘘みたいにフィット。えええ???と言うあの衝撃。

甲高幅広のバリバリアジアンな足の僕にまさかの衝撃。まさかヨーロッパの木型が合うなんてありえへんと思っていたのですが。だって実際その他のヨーロッパメーカーの靴は、痛くて痛くて、ほんと大変なのです。拷問やん、と言うものも。でもここのだけ、全く嘘みたいに問題なし。そのメーカーの靴と出会ってから、普段の靴は本当に助かってます。

やはり靴はメーカーごとに全然違うんだなあと。本当に靴人生が変わります。靴に悩んでる方、諦めないでガンガン試されてください。きっときっと、嘘!?って言うフィット感の木型があるはずです。僕はほんとに、スニーカー以外の靴は慣れるまで最初は我慢もしくはストレッチャーで限界まで伸ばして伸ばして履く、って思ってたのですが。

職人の技なのですね。この別次元のフィット感は、もう感動の嵐です。例えば写真のこの靴ですが、初日からもう涙出るくらい楽なんです。楽々シューズに全く見えないこの美しいさ。極めてるわー、と言う感じ。名前だけのブランドとはやっぱり違う。うーん勉強になるわーと言う感じ。ちなみにここでもう長年勤めてるベテラン職人さんを個人的に存じ上げてるのですが、会社の内情について彼女の話を伺うと本当に素晴らしいのがわかります。職人を本気で大事にしていて全てが手厚い。大きなグループに飲まれることなく、家族経営で株を他に売らず踏ん張っているだけに、やはり素晴らしいわー。

ボーナスで、または一年の締めくくりに何かいいものを買う、という方はぜーひ靴をオススメします。値段に比例する部分もなきにしもあらず(高くてもアホみたいに痛い靴ばかりですけどね)なので、予算を強気で持てるこの時期に、予算幅広くいっちょ探されてみてはいかがでしょう?

僕40代50代すぎたら靴は変な健康運動靴?やら痛くない靴、潰れたまんじゅうみたいな靴を履くしかないのかなと思っていたのですが、まあ全然、美しい靴を履き続けることができると思うとうれしい。

男性も女性も「靴なんて」じゃあ、勿体無い。足元を見られるとか、足元を固める、とか足元に関することわざが多いことからもわかるように「靴」ってされど「靴」なんです。人生において、かなり重要だったりします。

ボーナスで買い物は無理、と言う場合もせめて年末ですし、持ってる靴をチェックして、磨り減ったものはとっとと靴底の補強や交換に出してしまうことオススメします。磨きにだす、とか、自分で磨いてみる、とかもいいですね。直す価値のないな、と思う靴はもう思い切って処分。今後は直す価値のある靴だけ買うと心に決めるのもいいですね。

ブログをチェックしてくれてる皆さんの、さらなる幸せを願って。今日は大切な足元、のお話でした!

 

 

47681487_2214921548766672_7480544578097905664_n.jpg

 

 

 

Leave a Reply