Winery







僕はアルゼンチンで、日々、昼夜それはたくさんのワイナリーを巡った。実際どうしても現地で、見てみたかった。確かめたかった。
アルゼンチンがワインを生産している他国と違うのは、ワイナリー同士が近距離で並んでいることはなく、広大な国土北から南にかけ、ゆうに数千キロにわたり多数分散しているところ。それぞれの地域、ワイナリーにそれぞれの個性があり、バラエティーに富んだ大きく異なった特徴のワインを、すごく情熱を注ぎながら生産している。僕が巡ったワイナリーで実際たくさんの従業員やオーナー、生産者と直接話ができたんだけれど、彼らのおいしいワインを作ろうとするその熱意は、心を強く打たれた。どのワイナリーも、オーナーは高い誇りと情熱、美意識を持って自ら挑んでる。だからきっと自分好みのおいしいワインが見つかると思う。特に印象的だったのは、ワイナリーのオーナー、セバスチャンの言葉。自分が考える、おいしいワイン作りにとって一番大切なのは何?という僕の質問に満面の笑みでこう言った。「この青い空だよ!」
セバスチャンはオーナーだけれど、よりよいワイン作りに情熱を燃やしていて毎年欠かさず、世界各国の有名ワイン産地に自ら出向いて、そこのワイナリーで1ヶ月間実際研修として実際働いているという。そこで学んだ良いところをすぐ自分のワイナリーで試すため。できるだけ昔の伝統製法に近づけようといろいろ工夫していた。ワイン作りのプロ中のプロだから、専門的なことはわかっているし、専門的な答えはいくらでもできるはずなのに。「この青い空がなければ、僕たちは何もできない!あとは人なんだ。うちの従業員は最高だよ!」って胸を張っていたのが忘れられない。


ワインツーリズムと呼ばれる、ワイナリーをじっくり見学し、ワインの醸造はもちろん、緑あふれる広大なその風景をも楽しみ、実際テイスティングや食事などを楽しむことができるツアーが最近アルゼンチンでも人気。気軽に現地で日帰りのツアーを用意している旅行会社やワイナリーも多いから、ぜひチェックしたい。情報は日々更新されているゆえ、自分が行くタイミングでフレッシュな情報をネットでチェックするのが一番。
ワインを味わうことは、ワインそのものはもちろん、その原料のぶどうを育てている土地や風土、自然、人すべてを味わうことでもある。ワインの生まれ故郷を巡る楽しみは、おいしいものはもちろん、まさに全身で文化そのものをも味わえるところにある。
アルゼンチンでのワインツーリズムは、作り手の熱い想いにも触れられる、すばらしいチャンスだと思う。