腕時計

November 26th, 2014

世界中のいいものを、すべての人へ。

世界中から、いいものだけを日本へ。

料理研究家・ライフスタイルプロデュースを手がけはや数十年がたとうとしています。新しい衣食住 をご提案させていただく仕事の中で、それはもうずいぶんたくさんの物を見てきました。また、ヨーロッパと日本、世界中を常に行き来する生活の中で出会った ものの中には、その値段に関係なく、強く心を揺さぶられたものがたくさん。

僕が出会った素敵なものには、すべてその背景に物語があります。いいものは理由があります。物語があるのです。

このページでは、僕の暮らすフランス、パリを中心にヨーロッパ全土から日本の皆さんに衣食住における、おすすめの選りすぐりの商品をご紹介します。

オフィシャルサイトですが、このページに出てくる商品に、何のタイアップもありません。純粋に僕 が気に入っている商品を実際買い取り、極めて個人的な基準でご紹介する、という本来ずっと僕がやりたかったやり方でどんどんご紹介して参ります。メーカー 側の宣伝もありません。もちろん、日本で手に入れる、ということ自体も、むずかしいものばかりなのも事実です。でもこれはずっと僕が実現させたかった企画 の一つ。皆さんに「ほんとのところ」を伝えるのが僕の仕事だと思っています。単なる宣伝のお手伝いだけでは、ないと思うのです。

世界中から衣食住に関するいいものご紹介するのが仕事の料理研究家が実際、自分でお金を出して買 う、というものを並べてみると、実際何を基準に、自分がものを選んでいるのか、ということがよくわかります。それは非常に感覚的なもの、かもしれません。 でもそれらを自分の文章と、写真で伝える事で、その感覚的なもの、を皆さんと共有し、皆さんがものを選ぶ際の基準の一つ、また参考にしていただけたら幸い です。

一つ一つ、本当に気に入って選び抜いたものたちです。高いものもあれば、安いものもあります。た だ、高い安い、は好きな言葉ではありません。ものの価値は、値段で単純に計れるものではないと思うのです。どんなに高価でもその価格に全く値しないものも ありますし、その逆も。僕の仕事を通し、それは嫌というほど見てきました。ものの価値は、そのものを生かしてこそ生まれると僕は思います。

そしてまた、生かせるものだけ手に入れる、そいう姿勢が、様々な無駄を省き、結果必要なものを確実に手に入れることにつながるでしょう。ものに左右されない、必要なものだけあればいい、それが僕の考えるところの豊かな暮らしなのです。

所有するものには、自分自身が宿ります。

J.ノリツグ ホルスト

********************************************************************************************************************************************************

Ce que j’achète et mange à Paris

腕時計

920147_4723865624324_372022922_o

 

誰が言い出したのか、ホテルマンは靴と時計を見て相手を判断する、とよく言われる。

実際ホテルで働く友達たちに聞くと、そんなの時計や靴見なくても相手のクラスは一目でわかる、そうだけど。

たしかにそうだ。どんなにいい時計をしていても、、すごい長いローンで買った、もしくは残念ながら本物に見えない、なんて悲しいこともあるのかもしれないし。

時計で相手のクラスがわかるわからないは別として、少なくともその人の人なりと言うか、趣味志向は非常によくわかるものだと思う。

この仕事をはじめ、仕事柄それこそたくさんの人と接することができたのだけれど、様々な経験から、それは感じた。小さな小さな時計一つで、たいていのことは読めてしまう。それは相手も同じだろう。

どうゆう考え方をするのか、趣味志向はどうか、ライフスタイルはどうか、仕事でのポジションややり方、また異性の好みやパートナーのキャラクターまで読めたりする。

そう考えると、やっぱり時計の存在は大きい。また選び抜くのは簡単ではない。

僕は時計は個人的に好きなので、いくつか持っている。

時計は好き、といえどコレクターなどではないので、2,3個あれば十分。僕の場合、いくつかといってもその程度だ。そしてそれらの時計はもう、何十年も前に買った物で、おそらく一生添い遂げるであろう腕時計。だからもう時計はもういらない、買わないと思っていた。

20年前の僕なんて向こう見ずの典型で、料理研究家としてかけだしたその当時としては考えられないほどの高価な時計を当時よく買ったものだと、今では呆れる。ただし、それらの時計はその長い年月を越え今では全く違和感なくつけられるようになったのだから、僕も成長したもんだと思う。ただ、当時、僕は各局民放のテレビ出演や雑誌社、また歳がかけ離れたクライアント、重役との面会、食事会、著名人の方とのお付き合いなどが多くて、相手に失礼のないように、と身なりにはことさら気をつけていたのは事実。今思えば懐かしい。でも結果として、こうして20年以上生き抜いてこれたわけで。それらの頑張りは無駄ではなかった。また、僕は時計を買うとき、こう思ったのだ。

時計は、僕の人生を僕と一緒に刻むもの。

僕自身の分身のような時計しか選ばない、と。

馬鹿の固まり当時の僕にしては立派な考えだが、これまた今思えば、分身にもなってなかった僕だったような。でも今では僕の分身だったんだ、と自信を持って言えるのだから、当時の僕をほめてあげたいとも思う。

 

それらの時計は、ヨーロッパではつけられない。防犯の意味もある。だから、パリではわざわざそのために一つの時計で日本と、パリ、両方の時間がわかる、つまり時計が二つついた安い時計を買ってつけていた。数千円程度のものだった。

するとやはり、収まりが悪かった。どうも、おかしい。周りにまで、指摘されるレベルで。値段を知らない人たちは、いい時計ですね、とほめてくれたけど、それでも似合ってはいない、と言われる始末で。

僕も、彼らも、時計のブランドや値段は全く気にしていない。単純にもう、似合うか似合わないかだけの問題だった。その違和感が、初対面の人にも十分伝わってしまった。

そう、僕の分身ではなかったのだ。

もう時計はいらない、と思っていた僕だけれど。これはいけないな、と思ってた。

ヴァンドームの前を過ぎて、オペラに向かう途中で見つけたこの時計。派手さは全くなくて、でも縦に長いフェイスのせいで、どこかクラッシックだけど、品があるけど、まじめすぎない。革ベルトが黒でなく、ネイビーというのがいい。またこれなら見るからに高価、な時計とは違い、パリでも問題なくつけられる。泥棒が狙うギラギラした時計ではない。

全てに置いて、バランスがいい。僕はこの時計と、パリでの時間を一緒に刻む覚悟を決めた。

このページは本来僕のおすすめを紹介する企画ページなんだけれど。腕時計においてはこれ、というお勧めは人それぞれになってしまう。

だだ、パリで何かの記念に、フランスのブランドで、ともし腕時計を選ぶことがあったら、ぜひ、覚えていて欲しい。

腕時計を選ぶ基準は、常に自分の中にあることを。

世間で人気のモデルだとか、有名なブランドだとか、そんなものはどうでもいい。

 

20代の頃は、自分の分身を選ぶようなものだと思ったけど、パリに暮らすようになって少し考えが変わり、時計選びはきっと、結婚相手を選ぶようなものかもしれない、と思う。添い遂げられるかどうか、ということなのだから。

人気だからとか、有名だからとか、自慢できるからとか。

あなたはパートナーに、そんなものを望みますか?