fittness and diet 筋トレ

June 1st, 2016

Fitness and diet

正しい身体の作り方   ロマン 23歳

 

いよいよこのフードラバーズに男性向けの新しいページである、正しい身体の作り方、がスタート。このページは、フィットネス,筋トレに興味ある男性に、かっこいい身体作りのための世界中から最新の筋トレやフィットネスの情報を届けようというもの。自分自身の身体で結果を出している、様々な国の、様々な人物の筋トレの英知と貴重な情報を、たくさんの人に共有されることを願ってる。
このページに登場する誰かに刺激を受け、何かを学び、自分も挑戦してみよう、と思ってもらえるように。手の届かないセレブリティたちの現実離れした話ではなく、もっとリアルに、普通に皆が共有できる、自分も試せるということを一番に考えてみた。

登場するのは、様々な国籍、筋トレのアイデア、身体作りのメゾットを持ち、かつ自分自身の身体でそれを証明しているよりすぐりの男たち。
プロも入れば、アマチュアだってかまわない。肩書き云々より、筋トレで実際結果を出してる人間が何より一番。そしてそれはとてもリアル。
彼らの熱い言葉と、彼ら独自の肉体美を同時に楽しんでもらいたい。そしておおいに刺激を受けて欲しい。そしていいと思ったらぜひ実践してみて欲しい。

正しい身体、とは人それぞれ。その人にとって心地いい身体こそが、僕が考えるところの正しい身体、なのだから。

第5回目は、友達のロマン。

ロマンの経験と知識に基づく、彼らしい身体作りのコツ、筋トレの考え方をぜひ、参考にして欲しい。

********************************************************************************************

ロマン   23歳

s_DSC03201

僕の友達の中でも、特にピュアで優しいのがロマン。いつも自然体で、穏やかな彼のボディメイキングのこつをご紹介。

 

J ロマン、撮影お疲れ様。緊張した?

R そうだね。いつも撮る僕たちの記念写真とは違うもんね。

J まあね。でもいい写真が撮れてるよ。

R そうかな。じゃあ、よかった。

J さて、じゃあ、インタビューね。ロマンの身体は、空手で作られた、んだよね。

R うん。僕は十年以上、空手をしていたからね。子供の頃から。今は、わけあってもうしていないけれど。

J ああ、例の先生とのトラブルね。気にしない。その人はお金儲けしか考えていないだけだよ。

R うん。

J でも、そういえばロマンはなぜ、空手をやろうと思ったの?子供の頃から。

R 強くなりたかったんだ。僕の子供の頃のあだな、ジェイ覚えてる?

J え?あだな?

R 子供の頃のあだな、シュリンプ(エビ)だったんだ。やせっぽちで、まさにえびって感じだったから。

J ははは、ごめん、でもそのあだな、かわいいけど。

R でもエビじゃん。

J それで、空手をやろうと?なるほどね。

R うん。すごく空手は好きだよ。でも、空手の競技大会とか、嫌いなんだ。争うのが嫌だった。

J そうか。ロマンは優しいからね。空手で、ずっと身体を鍛えたんだ。

R そうだよ。僕はジムに行ったりするタイプじゃないから。不自然な筋肉は好きじゃないんだ。

s_DSC03384

J そうか。自然な運動でつく筋肉、がロマンの理想なんだね。

R うん。今は空手をしていないから、時々気が向いたら腕立て伏せとかをちょっとやるくらいだよ。特に頑張ってるわけではない。

J なるほどね。頑張りすぎないってことがロマンのやり方だね。

R うん。やり過ぎないこと。それが大事だと思う。 自分が好きなスポーツを見つけて、それをずっと続けて行く、その中で必要な筋肉が自然とついてくる、それがいいと僕は思う。ジムに無理矢理通わなくても、全然いいと思うんだ。

J そうか。いいアドバイスだ。好きなスポーツを見つけること。無理しないこと。

R うん、その通り。

s_DSC03151

J やっぱりロマンはいつも自然体だな。僕はそれが大好き。

R ありがとう。

J 食事はどうかな。何か気をつけてる?

R 食事制限はしないこと。それが大事。食べたい物を食べる。それって大事だよ。

J ストレスをかけない、ってことだよね?

R うん。食べたいって思う物を食べるんだ。ちゃんと食べて運動していれば、特に太る事もないと思う。

s_DSC03306

J その通りだよ。僕もいつもストレスが人を太らせる、って言っているから。ストレスって怖いんだ。

R うん。ほんとそうだよね。

J ストレスをためない、好きなスポーツを続ける。 とてもシンプルだけど、その人にあった体型を作ってくれるのは間違いないよね。

R うん。もう一度言うけれど、やり過ぎはいけない。また、不自然にジムで作り上げるのも、無理があると思う。自然が一番さ。

J ありがとう、ロマン! きっと、日本の皆さんに何か伝わると思うよ。

R うん!身体作りは、楽しんでやろうね!

s_DSC03402