Blog

ホメオパシーを学びに

Tuesday, May 30th, 2017

18619911_10208701163676217_8332302623532649767_n

ドイツで生まれたホメオパシーを学ぶため、プラハから約3時間半かけて、ドクターに会いに。

そのドクターはヨーロッパで一番、と評判で、治せない病気はない、とさえ言われセレブリティたちがこぞって世界中から呼びつける。飛行機やホテルを用意して呼びつける経済力がない僕はど田舎にある彼の診療所に電車とバスを乗り継いで行くことに。

日本で協会が教えているようなホメオパシーは僕は全然、無意味だと思っていて、全く、信用してない。よくあるホメオには、とても否定的な立場なのだけれど。その僕がホメオを学ぼうと決めたのは、やはり彼の実績と、その評判。また日本などで協会とやらが教えてるのとは、全然違うのも気に入った。

変わり者で有名な人らしいけれど、やっぱりそのくらい変わり者じゃないと、驚くほどの何か、は持ってないと思う。

まずは僕の体が実験台。どう変わるのか、お手並み拝見といったところ。でも今後毎回往復6時間以上かけては本当きついな、という感じ。朝の5時起きで、やっと、という感じで。

学びの道は、簡単ではないということで。

 

 

 

アーヴァンカフェ

Tuesday, May 30th, 2017

18620152_10208696068788848_7987124878500797659_n18620309_10208696068708846_3401988708683830828_n18698147_10208696068668845_7887883474192399419_n

僕が好きなカフェはプラハに幾つかあるだけれど、アーヴァンカフェは特に好き。

ここはお店で焼いたケーキやパンが毎日あるから、日替わりなので、今日はどれがお勧め?とお店に聞いて、それを食べる。

僕はよく通うので、また一人でケーキを二つ、カフェを3杯とか注文するため、当然顔を覚えてくれていて、プラハに戻るたびに、帰ってきたんだなぁ、と感じさせてくれる。

大きなテーブルにみんなで相席する、ロンドンでよくあるようなスタイルなんだけれど。お店の雰囲気も、そっけないけれど、植物のせいか、さみしくない。紫外線ライトが植物には当たっていて、紫外線アレルギーの僕にはそれは恐怖だけれど。

そこに集まる人も、自然と、雰囲気の似た感じの人が多くて、改めてお店って、訪れる人が作るものなんだなぁ、と思う。

東京にはいくつけのカフェはない。パリにも、プラハにもあるけれど。

やっぱりもう東京は、仕事で戻るだけの場所。まあもともと、行きつけのカフェは東京にはないのだけれど。

色々とあったけれど、この歳になり普通に暮らせるヨーロッパに戻れて、本当によかったなぁと思う。

 

 

 

 

もう少しだけ

Tuesday, May 23rd, 2017

もう少しだけ、人は人に優しくできないのだろうか。

もう少しだけでいいのに。

ヨーロッパに戻ると、それはとてもよく思うことで。

僕は今訳あってプラハの中心ではないところに住んでるけれど。これは今回の滞在だけだけど。やはり少し面倒で。いちいちトラムにのらないといけない。徒歩ではどこもいけないかんじで。

街並みは衰退した郊外の雰囲気がいっぱいで、ホームレスも当然多いエリアになる。

僕はいつも、戻る際は現金で少し持ってくる。それはホームレスの人に渡せるように。

トラムを待っていると、ホームレスの人が寄ってきて、お金をちょうだい、と言ってくる。たいていのひとは無視するか、NO、と突っぱねる。

その瞬間のホームレスの人の悲しげな顔は、見てるのが本当につらい。そんなときに限って、ぼくはクレジットカードしか持っていなかったりするのだから。

どうせドラッグか、酒でも買うんでしょう?とか、働けばいいだけ、とか、政府のシェルターにいけばいいじゃん、とかみんなそう言うのだけれど。でも、きっと事情はいつもそんなシンプルじゃないはず。

あの女性に非常に冷たくあしらわれた彼の表情は、演技とかじゃないくて、本当に凍りついたようで。きっと、その経験を毎日嫌という程味わってしまっているだろう。

どんなに味わっても、慣れることなんかない。抵抗力がつくわけない。

人が人として扱われないあの辛さは、外国人として日本で育った僕にはよくわかる。

NO、と言うにしてももう少し言い方があるだろう。

また、もう少しだけ、あいての事を考えてあげられるようにならないのだろうか。

人が人として扱われないことは、僕は一番許せない。またとても、胸が痛い。

imageimage

ランチ

Sunday, May 14th, 2017

imageimageimageimage

いつもいく店ですが、人気すぎてランチメニューなんざ1時以降はスープしか残ってません。

結局ハンバーガー、みたいな。レギュラーメニューでかなりヘヴィ。おいしいけれど。

それにしても、スープがおいしいので、ちょっとうれしい。

Wednesday, May 10th, 2017

プラハに新しいベーカリーがオープンしたので、行ってきました。

でもおなかいっぱいだったので、 併設のカフェでカフェラテとチャイ ラテを飲みました。いつもながら、何杯も飲む僕ですが、新しいドリンクはチェックしておかないと、ということもあり。

友達もつられてラテを2杯頼みました。

プラハはパンが全くおいしくなくて、激安なのですが、おいしいパンなど不可能です。そんな不満がみんなあったのか、待望のベーカリーオープン。ものすごく流行っています。パンは改めて焼きたてを食べに来よう。

imageimageimage

フォー

Tuesday, May 9th, 2017

プラハではベトナム料理がおいしい。

ベトナムのminiスーパーやベトナムレストランがたくさんある。

この店のフォーは、このボリュームでわずか500円。これ、パリだったら2000円は覚悟するけれど。日本だったら、1000円前後、といったところ。

安くておいしい。ベトナムには暑すぎて行けそうにないけれど。プラハでベトナム料理研究してる僕で。ちなみに外の気温は今5度で.

image

ありえへん

Monday, May 8th, 2017

こちらでは一日中料理番組がやってるんですが、これがもう、つっこみどころ満載、というか、怒りを覚えるレベルで。

まな板で豚肉や鶏肉を切ってから、そのまま、その続きでその汚れたまな板の上で、サラダ用の野菜を切っていく、なんて普通にやっていて、ええ?という感じで。

何人か、料理研究家がいて、それぞれが入れ替わりやっている感じなんですが、マーティンというシェフが僕のお気に入り。理由は一番安心して見ていられるから。焦がすのが気になるくらいで。

焦がす、といえば、許せないレベルの女性が1人、います。

野菜料理担当、の女性なのですが、彼女の料理はひどい。同業者の批判は日本では絶対しないですが(とくに悪く言うところなど普通、ないはずですし)まあ、彼女はひどい。火加減が、味付けも全くわかっていない。いつも、黒焦げ、です。食べられないレベルで。絶対無理なはず。多分、食材は自分で買うわけじゃないから、気にしないのでしょう。手つきの荒さもひどい。

生放送のように、編集なしでどんどん進むようなスタイルなので(実際はかなりしてるけど)ひどいんです。強火でずーとやりっぱなし。で、けむりがでてこげていても知らぬ顔して他の作業してる。おまえ、火をさげろよ、となんど言いたくなるほどか。

全部、食材は無駄になっているはずです。仕上げに皿に盛る際も、裏真っ黒焦げで、本人はあきらかに気がついてというか当たり前だけど、くっついて取れないから。無理やり鉄ベラで必死でこそぎはがして、隠しまくりながら盛り付け。無性に腹が立つレベルです.ちなみにその時の料理は、きのこ、ほうれんそうトマトを炒めて、卵を二つおとし、目玉焼き風に焼き上げただけ、塩コショウもなし、なのものこれまた塩コショウもなしの蜂蜜だけで味付けチリコンカンのできそこないのものと一緒に皿に盛り付ける、というものでした。まずそう、です。

さらにほうれん草と卵の下は真っ黒焦げなのですから。

誰が食べられる??というかんじで。

ほかの彼女のショーも見たけれど、いつもそんな感じ。

腹立つ、と僕が表現するのはおそらく僕のブログ初です。

それくらい、食材をあんなに雑に扱う料理人には腹が立つんです.

ベジタリアンシェフだかなんだか知らないが、野菜にも命があることがわからぬか?おまえなんか絶対偽善者だ、と思いました。動物の肉は食べないとかいって。

ちなみに写真は別のお菓子担当の女性のシェフのです。食材をあんなに平気で無駄にする料理人なんて、いらん。image

プラハです

Monday, May 8th, 2017

プラハに戻っています。

こちらはまだ寒い。冬物コートでもいいほどで。

友達とおいしいと評判のハンバーガーを食べに行きました。

このボリュームで500円ほどなので、やっぱり安い。

ファストフードのバーガーは絶対食べない僕だけれど、プラハにはおいしいホームメードのハンバーガーレストランが人気でよくあります。

うーん、ヨーロッパに帰ってきたなぁという味でした。

 

imageimage

明日、TSVです

Monday, May 1st, 2017

本日の深夜12時から、翌日8時、11時、17時、22時と、QVCテレビに生放送出演させていただきます。

通常のTSVとまた一味違い、お買い得はもちろん、お客様が選べるようになっています。ぜひ、ご利用ください。やっている側から見ても、TSVなので、特に当然ですが、破格、です。喜んでいただければいいなぁ、と思っています。

このショーが全て終わったら、僕はヨーロッパに帰ります。ぜひ、テレビの前でお手を振ってください!

よろしくお願いいたします。

17265052_10208108086089648_6987318229725006462_n

ありがとうございます

Monday, April 24th, 2017

今週は26日午後2時、29日午後1時と、QVCテレビに生放送出演させていただきます。

週末は、頂いたメールをじっくりと読ませていただきました。何度も、何度も。

僕がデビューした当時からずっと応援してくださっている方から、頂いたメールは、すごく嬉しいものでした。

僕がTBSのはなまるマーケットに初登場で、しかもそれが生放送だった時、たまたまテレビでそれを見ていた時のあの衝撃が今も忘れなれない、ということで。ははは。確かに衝撃的だったかも、ですね。ははは。その方は、料理人じゃないだろう!!!歌手?と思わず突っ込みを入れたそうで、おっしゃる通りだったのかと。

それ以降、ずっと気になって、雑誌や本を買って頂いたり、はなまるに出る時はチェックしてくれてたり、大阪でのデパートのトークショーにも2回、来てくれていたそうです。

お声をかけてくださればよかったのに!他の方々が僕に話しかけていて、話しかけずらかった、そうで、本当に恐縮してしまいます。気がつかなくて、ごめんなさい。

またご結婚後、僕の本をご夫婦でフルに活用してくださっているということも大感謝です。また新刊が全然、出てこなくてごめんなさい。全く、日本での新しい書籍に関して、僕の方は全く動いてはいないので、今後も新刊のご報告、というのは当分ないと思います。ごめんなさい。

なんか僕、ごめんなさいばかり書いてますけど。ははは。

嬉しかったです。本当に。

また、全身ディオールだった頃の僕がまた見たい、ということでしたが、うわー、そんな衣装ばかりの時、確かにありましたねー。何十年前だろう?って話ですけど。すごい昔ですね。恥ずかしい。当時も今も、プライベートでは全く着ないブランドでしたが。ちゃんとチェックしてくれていたのですね。もっと私服が見たいということだったので、私服、というわけにはいかないけれど、ショーの場合もできるだけコックジャケットでないもので出ようと思います。そういうところも楽しんで見てくだされば幸いです。

26日、28日、よろしくお願いします。

17966756_10208421626647966_1018393365205076833_o