ヨーロッパでの暮らし

January 29th, 2017

15355599_10207416653524266_5974113377204023028_nヨーロッパで暮らし始めて変わったこと、といえば、土日は休む、ということに慣れた、ということがあります。あと、夜6時以降はもう仕事しない、とか。

僕が日本で仕事を始めた頃は、睡眠時間は2時間程度、土日なしで、とにかく昼夜関係なく仕事していたのが今では信じられません。10年くらい、しかもずっと。よくできたもんだ、と思います。今はもう、無理です。年齢のせいもあると思います。

今日は日曜日。実は、今日久しぶりに何も出かけないといけないような予定が入っていない一日なんです。

部屋はいつも片付けてあるので、片付けとかも必要なくて、水周りだけちょっと掃除。クローゼットを開け、毛玉を取ったり、スチームをかけたりして、洋服のメンテナンスをしてみたり。洋服の数が少ない僕は、すべてにきっちりと目が届きます。こうゆうのが僕には快適なんです。自分の目の届く範囲の物しか入らない、目の届く範囲のことしかしない。

友達はクローゼットを覗き、全部同じ服ばかりじゃん!!と言いました。そうなんです、ほとんど同じ服です。実は、微妙に違うけれど。男の子には、この差は分からないのも無理はありません。説明するのも面倒なので、無視(ちゃんちゃん)

いつも同じものを着て、同じように暮らしています。もうこれで20年以上なので、これはもう僕のスタイルだと思います。日本だと、毎日違う服を着なきゃ、みたいな空気があるけれど、僕は毎日同じような格好で全然いいんです。それが一番好きな格好なんですから。無理して流行を追う必要などない。

どこに暮らしているか、とかじゃなくて、どう暮らすか、ってことが、ヨーロッパで住み始めてさらに大事に思えます。

僕の暮らしは、こうです、とどこをどう切り取られても大丈夫。

そんな生き方を、大事にしたいと思っています。