トレンチコート

April 29th, 2012

何人かにお問い合わせいただいたのですが、僕が最近写真でも着ているトレンチコートは、パリで買ったものです。

どこのコートですか?と聞かれたのですが、どこと言うほどのものでもなく(笑)

僕が今書いている本(企画段階だけど)にも出てくるトレンチコートですが、これは今年買ったものです。
トレンチは昔から好きですが、このトレンチの前に買ったのは2004年。つまり、8年前。で、それまだ現役ですけれど。色が紺なんです。
ベージュのトレンチはずっと探していたのですが、なかなかこれ、というものに出会えなくて、買わなかったんです。
でもパリでついに、運命の出会いが。

街を歩いていたら、ショーウィンドーにこのトレンチが。お店の方もとても親切な方で、試着して1時間くらい話して(本当です)から買いました。
実はサイズがワンサイズ大きい方を買ったんです。
若干身体がトレンチの中で泳いでいます。ジャストサイズ命よ!!!とよく言われる日本のスタイリストさんからは疑問に思われるでしょうけど、僕はジャストサイズが必ずしも買う理由だとは思っていません。僕は時々、意図的にジャストサイズを外します。
そのほうが、リラックスしたこなれた感じになったり、特にヨーロッパの町並みでは抜け感があって、エレガントに見えたりするんです。

日本のファッショニストよ!ファッション命、モードが命!の方はどうぞジャストサイズをお選びください、ですが(笑)

これからトレンチを買われる方にアドバイスがあるとすれば、コートは肩で着る、なんて言われますが、実際は
アームホール。
ここが若干でもゆるいタイプはダメです。どんくさい印象になってしまいます。なんか違うな、と言う場合、二の腕部分が少しあまってたりするものです。

色はやっぱりベージュ系、もしくは紺がどんどん使える。僕の場合、汚れやしわを気にせずすむトレンチ、真夏以外はフル活用です。
黒は意外と、トレンチ自体が持つ表情とコーディネートのバランスを考えると、むずかしいと思います。

大切なお金を出すわけですし、どんどん使えないともったいないです。
僕は買ったら、しまわずにとことん着倒します。クリーニングに出すのもしょっちゅうです。とても頻繁に洗います。
トレンチは誰もが好きなアイテムなので、当然よく街でも見かけます、かぶります。でも、ああ、あの人もトレンチ?とならないようにご自身が一番よく見えるトレンチをぜひ、粘り強く探されてみてくださいね。