アルゼンチン

March 28th, 2011

昨日、27日QVCテレビの方に生放送出演させていただいていました。
震災後初めてのオンエアと言うことで、少し違った緊張感の中、粛々と仕事をさせていただきました。本当は同じ日に別のショーも予定していたのですが、急遽キャンセルになりました。今は、いろんな理由で、キャンセル、変更ばかりが続いています。
料理研究家としての僕が今、人様のためにできることは、当然ながらひき続き安心、安全な食、の追及と、ずばり、義援金だと判断しています。自分が現地で何かできる段階ではとうていない以上、お役にたてるところでできるかぎりがんばる、という判断です。

僕はこれからしばらく、アルゼンチンに行ってまいります。
アルゼンチン大使館より、本国アルゼンチンから招待状を僕宛に届いていると連絡をいただきました。大使館の方は、これは非常に光栄なお話で、日本からは、過去はじめて僕がその招待を受けたということでした。これはぜひ、参加させていただかないと、ということでスケジュールを調整し実現しました。アルゼンチン大使館の方には、先週末ぎりぎりまで大変バタバタと、いろいろと調整をお願いすることとなってしまい、本当に恐縮でした。アルゼンチンは、最短でも35時間、片道のフライトがかかりますが、なんとかその環境下の中でも、プロとしてベストコンディションで望み、
精一杯の仕事ができれば、と覚悟を決めています。それにアルゼンチンは、ずっと行ってみたかった国です。全身で、何かを吸収して戻ってまいります。

今回の地震は、本当にショックです。けれど、僕がショックだと言っていても仕方ない。
僕が立ち止まっても、仕方ない。現実を見据え、やれることを精一杯やる、そんな覚悟です。それで少しでもお役に立てれば、と願います。

一日も早いことを、心より願っております。