thaks a lot!

December 31st, 2007

31日です。

今年もみなさんには、本当にお世話になりました。
たくさんの温かい応援をいただき、心の底から感謝しております。

今年僕の処女小説「フードラバーズ」が発売なり
同時に
新しいコンセプトの料理本「ラブインクック」が発売なり
台湾やマカオ、中国で僕のはじめての海外料理本が発売になったり。

僕にとって、特にいろいろ大きな変化をみせた一年でありました。

なんやかんやと約10年今の仕事を続けさせていただいた中で、
僕は僕なりの次の10年の仕事の方向性や自分の生き方、やり方を追及したここ1年でありました。

僕が望むのは、表現をひたすらに続けてゆく事。

有名になろうとか、お金持ちになろうとか僕が口にした事はありません。
そのことにぶっちゃけ興味がないのです。

だって、有名であるとかお金持ちであることは、かなり生意気なようですが、僕にとっては本来それが「普通」であって欲しい事。特別それを追いかけるような人間ではありません。
そんなことに向かわせるエネルギーもないですから。
(もちろん僕は別に今スペシャルに有名でもお金持ちでもありませんけれどね。てへっ)

うーん、やっぱり僕鼻っ柱強い表現ですね。生意気だったらごめんなさい。ただ僕、謙虚なふりをしている人間に絶対なりたくないので。うそくさくて、嫌です。

本当に謙虚な人は大好きだし、尊敬します。でも僕は謙虚ではないかな・・。自分の作品が一番ですからって、堂々言っちゃう男ですから・・。てへへ。

もうこれは僕が表現者として、そのかわり自分が全責任をおって生きるゆえ、お許しください!

ただし、僕が一人の「表現者」としての生き方と「ビジネスマン」としての責任を、来年は今の自分のあるべき形を進化させて、うまく
バランスを考えて世に打って出ていくつもりです。
有名になるべき作品が、お金も労力も注ぐべき仕事が目の前にあるからです。

別にビジネス感覚にたけた人間になろうというわけでもなく、単にそのビジネスも正面から受け止める、というだけの話です。

だって、このやり方が結局一番、僕の作品や表現を応援して下さっているみなさんに一番よい形で、様々な形の僕の新作をお届けできると判断しているからです。

僕にとって一番大切なのは

今この僕のブログを毎日読んでくれている、みなさん。

日々チェックしてくれてる、あなたです。

今年最後だから、ときれいにまとめようなんて思&#12387
;てません。

ただし、この気持ちだけは伝えておきたかった。

ありがとうを、ちゃんと伝えておきたくて。

来年僕が何を仕掛けようと、何をやろうと、どうか僕を信じてください。

HOTな物をHOTな形でCoolにお届けできるように。

仕事は楽しく(僕には厳しく)

「おいしい!」とか「おもしろい!」

その声だけを、より真摯な姿勢で僕は追及できると自信がつきましたから。

10年、かかってしまったけれど(どんだけスローなんですか状態ですが)

てへっ。

No one knows you better than you know yourself.

Do the things that you want.

これが僕の生き方です。

それを支えてくれている、たくさんの方々に、心より感謝を。

ありがとうございます。

ではまた来年!